検索

事業者様向け

iPhone11から音が出ない!考えられるチェック方法や故障の対処法

iPhone11から音が出ない!考えられるチェック方法や故障の対処法
  • iPhone
  • 公開日:2019年12月10日   更新日:2020年01月16日

    iPhone11にまつわるトラブルはいろいろと報告されています。

    その中の一つに音が出なくなったというものがあります。

    なぜ音が出なくなってしまうのか、症状が出た場合の対処法についてまとめましたので参考にしてみてください。

    iPhone11から音が出ないときにまず確認すべき設定項目とは?

    iPhone11を使っていてもし音が出なくなってしまった場合は、故障だと慌てずに、まずは下記のことを確認してみましょう。

    間違えてモードを変えてしまった、ボリュームが聞こえないほどに小さくしてしまったなどの設定ミスがある可能性も考えられるからです。

    スピーカーが正常に動いているかどうか

    まず本体から正常に音が出ているかどうか確認します。

    イヤホンなどをすべて外して、設定モードの中のサウンドをタップします。

    その中の「着信音と通知音」のボリュームスライダーをタップします。

    これでもし音が聞こえるならスピーカーは正常に作動しています。

    スマホが壊れたそんな時は修理店を検索予約!

    修理内容

    指定なし

    機種

    指定なし

    ボリュームが小さくなっていないか

    スピーカーが正常に動いているのであれば、まず音の出ない要因として考えられるのは音量の設定です。

    ボリュームが小さくなっているかもしれないので、音量調整をしましょう。

    おやすみモードになっていないか

    おやすみモードになっていると、音が聞こえなくなることがあります。

    おやすみモードとは、メールやSNSの受信する際に通知しないモードです。

    眠っているときにメールで起こされたくないときに使われます。

    おやすみモードになっているかどうかは、画面上部に月のアイコンがあるかどうかで簡単に確認できます。

    サイレントモードになっていないか

    サイレントモードになっていると着信時の通知音が鳴らなくなり、キーボードの操作音もオフになります。

    サイレントモードになっているかどうかは、iPhone側面にあるスイッチを見ましょう。

    もしオレンジ色のラインが見えているのなら、サイレントモードが機能しています。

    逆側に動かしてオフにしておきましょう。

    無線イヤホンへの接続がされていないか

    Bluetoothのイヤホンやスピーカーを使っている人だと、ペアリングしているので音が聞こえないというケースもあります。

    その場合には、コントロールパネルの中からBluetoothを出してオフ設定にしましょう。

    そうすれば、端末に内蔵されているスピーカーから音が出るようになります。

    iPhone11の音が出ないときに考えられるiPhone本体の要因とは?

    上で紹介したいろいろな方法を試してみたけれども音が出ない、この場合、何らかの不具合やトラブルが起きていると推測できます。

    具体的にどのようなことが要因として考えられるのか、以下で詳しく見ていきます。

    iPhone本体のバグ

    iPhone11から音が聞こえない場合、iOSで何らかのバグの発生している可能性が疑われます。

    このバグが正常に音の出るのを妨げているかもしれません。

    後で詳しく見ますが、iOS最新のものにバージョンアップするとよいでしょう。

    スピーカー部分の目詰まり

    スピーカー部分にごみなどが入って目詰まりを起こすことで、音の出なくなることがまれにあります。

    音が出る部分である穴にごみが詰まることで音が聞こえなくなってしまうのです。

    水没による故障

    耐水性に優れているiPhone11でも水没させると、いろいろな不具合が発生します。

    その中の一つに音が聞こえなくなるトラブルも含まれます。

    また、水没によってイヤホンジャックに水が入り込み、iPhoneがイヤホンと接続されていると誤認識することもあります。

    そうなると、音量調節ボタンを操作しても、スピーカー音量ではなくヘッドフォン音量が表示されることになります。

    iPhone11の音が出ないときの対処法

    iPhone11の音が出なくなってしまった場合、いくつか対処法があります。

    以下で紹介する方法をとりあえず実践してみましょう。

    もしいろいろとやってみても症状が改善しない場合、故障の可能性が高いでしょう。

    そうなると専門業者に依頼する以外に方法はなくなります。

    乾いたブラシでスピーカー部分を掃除する

    スピーカー部分のところにゴミが詰まって、穴がふさがってしまい音が出なくなってしまうことがまれあります。

    この場合、ゴミを除去すれば、正常に音が出るようになるかもしれません。

    掃除には清潔で柔らかく乾燥したブラシを使いましょう。優しくかき出すようにしてください。

    エアダスターを使用することを紹介する記事もありますが、Appleの公式からは非推奨であるため、やめた方がよいでしょう。

    iPhoneは、ケースをつけていても、気づくと色々な箇所にゴミがたまっていることがあるため、定期的に掃除をすると良いでしょう。

    iOSのアップデート

    音が出ない不具合はiOSのバグによる可能性もあります。

    もし通知を無視して長期間アップデートしていなければ、これを機にアップデートしてみるとよいでしょう。

    音が出る出ないに限らず、iPhoneの各種不具合が解消するかもしれません。

    アップデートはWi-Fiの環境で行わないといけません。

    また数十分単位とかなり時間がかかりますから、しばらくスマホを使わなくてもいい状態で行いましょう。

    そして、途中で電池がなくならないように充電しておくか、十分充電してから実行しましょう。

    再起動する

    音が出なくなった場合、再起動してみるのも一つの方法です。

    再起動するには、ボリュームボタンとスリープボタンを一緒に長押しします。

    次にボタンを右側にスワイプすると電源オフになります。

    電源が落ちるまで大体20~30秒程度かかります。

    しばらく放置して、電源ボタンを長押ししてiPhoneを再起動させます。

    これで音が正常に出るかどうか確認しましょう。

    初期化する

    再起動しても音が出ない場合、特定のアプリの影響を受けてシステムが不安定になっていることが原因かもしれません。

    もしiTunesなどバックアップが取れるのであれば、初期化して後でインストールしたアプリをすべて外した状態で音が出るかどうか検証しましょう。

    初期化の方法は、iPhoneとパソコンに接続します。

    その上で画像や音楽、アプリなどのバックアップを取ったうえで作業しましょう。

    ただしもし不安があれば、初期化せずに業者に修理に出したほうがよいでしょう。

    修理を依頼する

    上で紹介した方法を試したけれども音が出ない場合には、スピーカーそのものの故障かどこかの接続不良が原因と考えられます。

    こうなってしまうと素人が自力で修理するのは難しいです。

    専門店に持ち込んで、修理を依頼したほうが無難でしょう。

    ちなみにiPhone11を購入して1年以内であればApple Storeで無償修理してもらえますし、AppleCare+に入っていると2年間まで保証の対象です。

    車で充電中にiPhone11から音が出ないときは?

    iPhone11の音が出なくなったという事例の中には、車で充電しているときに発生したという話もしばしば聞かれます。

    この場合、車で充電することならではの原因が関係しているかもしれません。

    どのような要因が考えられるのか、以下にまとめました。

    USB接続とBluetooth接続を誤認識

    車で充電する際に、USBケーブルを使っているでしょう。

    USBを使用していると、iPhoneがBluetoothと接続していると誤認する可能性があります。

    このため、イヤホンに接続していると誤解して音が聞こえなくなることがあります。

    カーオーディオにiPhoneの音楽再生機能がない

    皆さんの車に取り付けられているオーディオのスペックとして、iPhoneの音楽再生機能はありますか?

    もしこの機能がついていないと、iPhoneで音楽を流してもカーオーディオの方で音の出ないことがあります。

    年式の古い車に乗っていると、iPhoneの音楽再生機能に対応していない車種も多いです。

    充電用ケーブルが非正規品

    使っている充電用ケーブルが非正規品だと、音の出なくなるなどのトラブルが起こりやすいです。

    正規品のものに取り換えると、問題なく音楽も聞けるようになるケースもしばしば見られます。

    まとめ

    iPhone11を使って音楽や動画を楽しもうとしても、途中で音が聞こえなくなると困ってしまいます。

    確かに故障というケースもありますが、モードを切り替えたのを忘れていた、どこかで指をひっかけて音量を下げてしまったなど、実際には問題が起きていない事例も少なからず見られます。

    まずは上で紹介した点をチェックして、音の問題が解消するかどうか検証しましょう。

    iPhone修理店の検索・予約はこちら!

    修理内容

    指定なし

    機種

    指定なし