検索

事業者様向け

iPhoneのマイク故障が行った時の対応方法とは?

Jean 678055 unsplash
  • iPhone
  • 公開日:2018年09月30日

    iPhoneはとても便利で愛用者が多いです。そんなiPhoneのマイクが故障したときの確認方法、対処方法、故障の原因をお伝えします。困ってしまった時にご覧いただければ、幸いです。お店に行って見てもらう前にある程度、自分で確認できると助かる事もあります。故障かなと思ったら、諦めないでここに書いてある方法を試してみましょう。ご紹介する方法を試してみたら、修理店に持ち込まないでも直るかもしれません。

    目次

    iPhoneのマイクが故障?確認方法は?

    iPhoneのマイクが故障かもしれないと思った時にどうすれば良いかをご紹介します。そのような時はあわてない方が良いので、まずは深呼吸をして落ち着きましょう。それからできることを考えます。

    電話をかけた相手に声が聞こえるか、純正イヤホンを使って通話ができるかどうか、ボイスメモで録音ができるか、電波状況はどうか、マイクを指やカバーでふさいでいないかを確認します。以下にそれらについて詳細を書きますので、ご覧になって参考にされると良いです。

    電話をかけた相手に声が聞こえるか確認をしてもらう

    友人や家族、恋人、知り合いと通話中にiPhoneのマイクがおかしいと感じる時もあるかもしれません。そのような時は、通話の相手に自分の声が聞こえるかどうか聞いてみましょう。「聞こえる?」と気軽に聞いてみるだけでも良いです。

    この場合、相手が友人や家族や恋人であれば、そういったことも気兼ねなく聞けるでしょうが、ちょっとした知り合いやつきあいの浅い人だと聞きにくいかもしれません。しかし、このように困ったときは、協力してもらった方が良いので、丁重に尋ねてみましょう。へりくだった態度で聞けば、相手も不快に思いませんし、快く協力してくれます。

    スマホが壊れたそんな時は修理店を検索予約!

    日付未定

    日付

    指定なし

    エリア

    修理内容

    指定なし

    機種

    指定なし

    もしくは

    純正イヤホンを使って通話ができるかどうか確認

    純正イヤホンを使って通話できるかどうかも確認しましょう。純正イヤホンはリモートコントロールとマイクが内蔵されている機能です。純正イヤホンの通話は着信時に真ん中のボタン部分を押すと通話ができ、同じようにボタンを押すことで通話を終えます。また、着信中に真ん中のボタンの2度押しで着信拒否もできるという優れものですが、これが使えるかどうかを確認することです。

    通話ができるのであれば、壊れていないでしょう。接触が悪かったのかもしれませんので、このような方法で確認してみると良いです。

    ボイスメモで録音ができるかチェック

    ボイスメモが使えるかどうかという事もチェックした方が賢明です。まずは、ボイスメモの機能が大丈夫かどうかを知るために、自分の声でも友人や家族の声でも良いですし、物音でも良いので録音してみます。それが出来ていれば、マイクは壊れていないはずですから、もう一度、通話等を確認してみると良いです。

    上記の方法を確認して、ボイスメモが使えるのであれば、安心でしょう。接触が悪かっただけかもしれません。

    電波状況をチェック

    電波状況が悪いとマイクの調子が悪く、相手の声も聞こえにくい場合があります。その場所の電波状況を確認しましょう。例えば、トンネル内であれば、電波状況はかなり悪いはずです。

    電波状況で、マイクの状態はかなり左右されます。普段から、通話の際は特に電波状況に気を付けると良いかもしれません。

    マイクを指やカバーでふさいでいないかチェック

    場合によってですが、マイクを指やカバーでふさいでいるということがあります。知らず知らずのうちにこうなってしまうという場合がありますので、そういったことがないかチェックしましょう。もしも、指やカバーで塞いでいるのが原因であれば、それが原因でマイクの機能が果たせないということです。

    うっかりしてしまうことは誰にでもありますので、普段から気を付けましょう。特にカバーで塞いでしまうとわかりにくいものです。

    iPhoneのマイクが故障した時の対処法

    iPhoneのマイクが故障した時の対処法を考えます。iOSを最新のものにする、再起動を行う、マイク部分の汚れ、つまりを取り除いてみる、Appleサポートに問い合わせを行う、iphone修理店に持ち込むと言った方法があるので、一つひとつ詳細をご紹介しましょう。

    こういった方法で、マイクの調子が良くなる可能性はありますので、何かしらの手を打ってみる価値はあるのです。だめであれば、買い替える等の手立てを考える必要もあります。

    iOSを最新のものにする

    iOSとはiphoneに搭載されている基本ソフトのことで、略してOSともいいます。アップル製のハードウェアに採用されているもので、iOS端末とも言われ、多くのiphoneに使用されているのです。このiOSが古くなっているためにマイクの具合が悪いという事も考えられます。

    このようなiOSを最新のものに換えて様子を見るのも良い方法になります。それだけで、マイクの調子も良くなるかもしれません。

    再起動を行う

    基本かもしれませんが、再起動を行ってみるというのも一つの方法です。スマホの再起動はけっこう忘れがちなもので、ここ数か月していないという人も多いものでしょう。再起動することで、機器の状態が一掃されるということもありますので、何等かの不具合を感じたら、再起動をしてみると良いです。

    再起動でマイク以外のことでも、何かしらの不具合を解消させる手立てになりますので、何かあったら再起動と考えるのは間違いではありません。ただ、再起動でもダメな場合もあります。

    マイク部分の汚れ、つまりを取り除く

    これも、単純なことかもしれませんが、マイクの部分が汚れていたり、ゴミ等がつまっていて調子が悪いということもあるのです。これは自分ですぐに対処出来る事なので、まずは大丈夫かどうか、確認してみましょう。気づかないうちにゴミがつまっていることも考えられます。また、女性であれば化粧をして使うことが多いでしょうから、化粧品で汚れているということも考えられるのです。

    このような簡単なお手入れで、マイクの具合が良くなるという事もありますので、普段からお手入れは怠らない方が良いでしょう。使っているiPhoneが綺麗な状態かどうかは気を配っておきたいものです。

    Appleサポートに問い合わせを行う

    上記のようなことをしても、ダメな場合はAppleサポートに問い合わせるという方法もありますので、試してみましょう。インターネットでAppleサポートを見てみると良いです。使い方等、役立つ記事もありますし、相談もできます。電話、チャット、メール等でサポートしてもらえるのは助かるところです。

    すぐにでも、対応してほしいという人はApple Storeコールセンターがあり、専任のスタッフが質問に答えてくれますので、電話を掛けてみても良いでしょう。まずは、インターネットでApple Storeコールセンターを検索して詳細を見てみると良いです。

    iPhone修理店に持ち込む

    iPhone修理店に持ち込むというのも、良い方法です。お近くのiPhone修理店をインターネットで探して問い合わせてからでも良いでしょう。または、電話やインターネットで問い合わせ可能で、郵送の修理をしてくれるお店もあります。(インターネットの問い合わせは24時間可能です。)

    このように修理店は日本全国にいろいろとありますので、インターネットで検索して調べてみる価値はあります。早急にというのであれば、家の近くのお店が良いでしょう。

    iPhoneのマイクが故障する原因

    iPhoneのマイクが故障する原因を考えてみます。まずは、落下などの衝撃で内部のICチップが壊れてしまうということ、そして水没や水濡れ、マイク部分のホコリです。このようなことは、どんなに注意していてもうっかりしてしまうことがあります。

    こういったことが起きてしまってから後悔しても仕方ないので、普段の生活で気を付けてiPhoneを取り扱うようにした方が良いです。ちょっとした気の緩みもあるかもしれませんし、疲れていてぼーっとしてしまうこともあるかもしれませんが、iPhoneは大事にしたいものです。

    落下などの衝撃で内部のICチップが壊れている

    落下などの衝撃は普段の生活でありがちです。男性はよくポケットにスマホを入れていますので、うっかり落としてしまうこともあるでしょう。また、手が滑ってということは男女ともにあります。そういった時に内部のICチップが壊れてしまうことがあるのです。

    これは、普段から気をつけるしかありません。ただ、手が滑るという場合は、カバーを付けておくと滑りにくくなります。

    水没、水濡れ

    水没、水濡れも普段の生活でよくあります。ちょっと恥ずかしいことかもしれませんが、トイレに落としてしまうこと言う人も多い様です。家のトイレならまだしも、お店などのトイレだと困ってしまうでしょう。

    こういったことも気を付けなければいけないことですが、対策としてはiphone を持ってトイレに入らないことでしょう。入ったとしても荷物の中に大事なiphoneを入れておくようにした方が良いです。

    マイク部分のホコリ

    マイク部分はうっかりすると、ホコリが溜まります。掃除とまではいかなくても、ふだんから拭いておくなど、簡単なお手入れはしておくべきでしょう。時間は掛かりませんので、電車の中や仕事の合間など、乾いた布やティッシュでさっと拭いておくと良いです。

    マイク部分のみでなく、画面の方もそのままにしておくと手垢で汚くなりますから、さっと拭いておきましょう。いつも綺麗にしておくと気持ちよく使えるものです。カバーなどを付けておくとホコリなどが付きにくくなりますから、おすすめです。

    まとめ

    iPhoneのマイクの調子が悪いと思ったら、上記に書いたことを試してみましょう。それでもだめならば、修理センターかAppleサポートセンターで対処してもらうと良いです。iPhoneはデリケートな機器なので、取り扱いに気を付けるようにするとそれほど故障はしないものですから、普段のお手入れを心掛けておくことをおすすめします。

    iPhone修理店の検索・予約はこちら!

    日付未定

    日付

    指定なし

    エリア

    修理内容

    指定なし

    機種

    指定なし

    もしくは