検索

事業者様向け

iPhoneのカメラが壊れた時のカメラ修理の方法とは!?

iPhoneのカメラが壊れた時のカメラ修理の方法とは!?
  • iPhone
  • 公開日:2018年07月29日   更新日:2018年08月06日

    今やiPhoneのカメラ機能は、安価なデジタルカメラと同等以上の機能を持ち合わせているといってよいでしょう。また、手軽にどこでも使える事から、利便性に長けておりどなたでも簡単に利用することが可能です。そして、カメラの画像も、その場で自由に加工できることから、ほかの機能と同様手放せないアイテムの一つとなってきました。しかし、時には予期せぬトラブルに見舞われることもあり、カメラ機能が使えないことも考えられます。

    iPhoneのカメラ故障の主な原因

    iPhoneのカメラには、アップル社が独自に開発した、アイサイトと呼ばれるウエブカメラが使用されています。iPhoneは非常に薄く、軽量に作られており、精密機械の集積回路であるため、落下による衝撃や水分に対しても非常に弱いものです。また、こうしたダメージが蓄積され、突然iPhoneのカメラ機能が使えなくなるといったこともあり、日ごろのiPhoneの取り扱いについても、大切に扱っていきたいものです。しかし、いざ故障となった場合、その対処の方法も原因によって異なることを理解しておきましょう。

    アプリ・システムの故障

    現代社会において、今やiPhoneを始めとするスマートフォンは、単なる携帯電話ではなく、仕事や趣味にと幅広く使えるコミュニケーションツールの一つと言えるでしょう。ただ、極限まで軽量化し、機能性を充実させたiPhoneは、ちょっとしたことで不具合が生じてしまう場合も少なくありません。iPhoneの不具合で多いのは、アプリなどの不具合で、システムの故障なども起こる場合があります。簡単なアプリ・システムの故障であれば、リセットやアプリの削除、あるいは再起動によって復旧することもあります。

    スマホが壊れたそんな時は修理店を検索予約!

    修理内容

    指定なし

    機種

    指定なし

    システムに関する故障

    iPhoneシステムに関する故障は、素人には見分けがつきにくく非常に厄介なもので、最悪買い替えなどのケースも含め、頭に入れておく必要があります。アップルのサービスには、iPhoneユーザーの皆さんのためのiOS診断というものがあり、無料で受けることができますので、まずはこのiOS診断を受けてみてはいかがでしょうか。iOS診断は、Appleのサイトにあるお問い合わせのページにアクセスし、質問に答えていくだけで症状を見極めることができます。どなたでも無料で利用できますので、まずはこのiOS診断を試してみましょう。

    カメラや本体の物理的故障

    iPhoneの動作不良は、様々なケースが考えられますが、一番多いのが誤って固い地面に落としてしまい、カメラや本体が壊れてしまうというケースではないでしょうか。これは、iPhoneがコンパクトで軽量であるが故、ポケットやカバンの外側に差し込んでしまうことが、落としやすい原因となってしまいます。こうした、カメラや本体の物理的故障は、部品交換を行うことで修理可能ですが、修理するに当たり前もって予約を入れておくと、修理期間も短くなり、保証書による保証期間の確認も必ず行っておきましょう。

    アプリ・システム故障の時にすべきこと

    日常生活にビジネスにと、非常に便利な電化製品といえば、iPhoneの名前が一番最初に出てくるのではないでしょうか。これだけ便利になり、日常生活の上でも欠かすことのできないアイテムとなったiPhoneですが、時折起こるiPhoneのアプリ・システム障害には、誰しも一度は頭を悩ませたことがあるのではないでしょうか。こうしたトラブルが起こった際には、すぐに専門店などにiPhoneを持ち込むのではなく、まずは自分で行うことのできる対処方法を試してみると、以外に復旧することもよくあります。

    バックグラウンドのアプリをすべて終了させる

    iPhoneのアプリ・システム障害を復旧させる方法に、バックグラウンドのアプリをすべて終了させるというものがあります。コンピューターにあまり詳しくない方は、バックグラウンドのアプリといっても、ピンとこないユーザーも多いのですが、このバックグラウンドのアプリとは、表面上アプリを使用していなくとも、裏で自動的にネット通信を行い、情報を取得しているアプリがあることをご存知でしょうか。こうしたバックグラウンドのアプリは、メモリを大きく消費し不具合を生じやすくする可能性があります。

    不要なアプリや画像を削除する

    最近のパソコンでは、メモリーやハードディスクの容量が大きく、不具合が生じる事も少なくなってきました。同じコンピューターを使うiPhoneでは、容量が十分とは言えないことも多く、まだまだメモリー不足に陥ることも多々あります。こうしたメモリー不足になった場合、十分なアプリ動作環境は保てなくなり、不具合を生じることもよくあることなのです。したがって、iPhoneのアプリが重くなったり、動作不良に陥った場合は、まず不要なアプリや画像を削除することをお勧めします。

    iPhoneを再起動する

    iPhoneに何らかの障害が起こった場合、慌てて専門のiPhoneショップなどに駆け込まず、まずは自分で対処できる方法があることを覚えておきましょう。一般的にリセットといわれる方法ですが、これはiPhoneを再起動をするといった方法です。iPhoneの再起動方法は、機種により多少異なってきますので、リセットする方法が分からない場合は、マニュアルを参照する事で簡単にリセットすることができます。勘違いしやすいのは、電源を切ってつけるのではなく、強制的にiPhoneを再起動するということになります。

    カメラや本体の物理的故障の対処方法

    日常的に使うiPhoneは、あまり身近になり過ぎて、扱いがぞんざいになってしまうこともよくあることです。精密機械の塊であるiPhoneは、日常的にダメージを受けていると、突然動作不良に陥ることもよくあり、いざiPhoneが使えなくなり慌ててしまうといった声もよく聞かれてきます。iPhoneのカメラや本体の故障には、ソフトウエアあるいはハードウエアの故障に分けることができますが、ハードウエアの不具合は自分で治すことも難しく、iPhone専門の取扱店で修理する必要があります。

    レンズの汚れを取る

    本格的なデジタルカメラの良いのですが、気軽に写真を撮るならばiPhoneのカメラ機能を使った、手軽な画像利用が一番実用的だと思います。最近のiPhoneのカメラ機能は画質もよく、その場で様々な画像処理も行うことができますので、どなたでも簡単にiPhoneのカメラアプリを楽しむことができます。ただし、手軽に写真が撮れるとはいっても、高性能のアイサイトと呼ばれるウエブカメラが使われていますので、きれいにむらなく取るためにも、カメラのレンズの汚れないよう柔らかい布で拭いておくことも忘れてはなりません。

    アップルストア・店舗にカメラ修理を依頼する

    iPhoneのカメラ機能を始め、ご自分で復旧不可能と判断された場合は、iPhoneの専門店であるアップルストアやiPhone専門の修理店などで、修理を依頼する事になります。修理を依頼する際は、保証書の確認は必ず必要で、保証期間内であれば無料で修理が可能な場合もありますので、忘れずにチェックしておきましょう。また、アップルストア・店舗にカメラ修理を依頼する際には、前もって予約を入れておくことで、手早く対応してくれるということもあり、修理の内容と事前連絡をあらかじめしておくことをお勧めします。

    iPhone修理業者にカメラ修理を依頼する

    アップルストアなどの専門店は、アップルの商品を専門的に扱っているため、適切な処置を行ってくれる有り難い存在です。しかし、アップルストアの場合、簡単な修理以外は配送修理を行うこともあり、修理部品などが必要な場合でも部品の納品に時間がかかり、修理期間が長期にわたる事もよくあります。一方でiPhone修理業者では、iPhoneの修理を専門的に行っていますので、ストックしている部品を使用したり、ほかなチェーン店から部品を取り寄せたりと、手早い対応が期待できるのがメリットと言えます。

    まとめ

    iPhoneの、カメラが壊れた時のカメラ修理の方法として、まず自分自身で復旧が行えるのか、アップルサイトなどのサービスで、不具合のチェックを試してみましょう。最終的に、自分で行えない場合は、専門店で修理の依頼となります。

    iPhone修理店の検索・予約はこちら!

    修理内容

    指定なし

    機種

    指定なし