検索

事業者様向け

iPhoneに雑音が入る理由&対策方法とは

iPhoneに雑音が入る理由&対策方法とは
  • iPhone
  • 公開日:2018年10月31日

    2007年に、アップル展示会で発表されたiPhoneは、これまでの携帯電話の世界を一新にするものでした。特に、ユーザーの間で注目されたのは、画期的なタッチパネル方式による操作性の充実で、まさにコンピューターの小型化を思わせるものでした。現在も大人気のiPhoneシリーズですが、様々なトラブルに悩まされる方も多く、その対処法も明らかにされてきました。

    目次

    iPhoneに雑音が入る原因

    iPhone製品は、アップル社の商品とあって、音響性能や幅広い音楽コンテンツが、音にうるさいユーザーたちの人気の一つとなっています。しかし一方では、iPhoneに雑音が入るといったトラブルに悩まされる方も多く、何度もiPhoneストアなどの修理専門店に、出向いた方も少なからずいるのではないでしょうか。しかし、iPhoneに雑音が入る原因を明らかにされており、そのいくつかはご自分で対処する事で改善する事もあります。

    水没

    多くのiPhoneトラブルで、比較的上位にランクされるものが、誤って洗面所やおふろ、あるいはトイレなどに落としてしまい、水没させてしまったというものです。時には、野外での川遊びや海水浴などで、水没させてしまう事もありますが、最新機種のiPhoneは高い防水機能を持っていますが、あくまでも水に強いというだけで、水没に強いわけではありません。水没させてしまった時には、速やかに本体をふき取り、起動させずに乾燥させる事が大切です。

    スマホが壊れたそんな時は修理店を検索予約!

    日付未定

    日付

    指定なし

    エリア

    修理内容

    指定なし

    機種

    指定なし

    もしくは

    スピーカー部分の不具合

    今や現代人には、手放せなくなったiPhoneですが、それと同時に頻繁に扱う事でのトラブルも発生しやすくなっています。iPhoneでの音楽やドラマの鑑賞、映画やアニメなど様々なコンテンツが提供されていますが、それに比例してスピーカーから雑音が、出てしまうといった苦情も多く寄せられています。原因の一つとしてよくあるのが、スピーカーにたまってしまった汚れが詰まってしまうことが原因で、こまめなお手入れが必要です。

    イヤフォンの接触不良

    iPhoneでの、長年の汚れによって、様々な音声トラブルが頻発する事はよくみられます。特に、イヤフォンの接触不良などは、ジャックの接続部分の汚れによっても引き起こされるもので、音が途切れてしまったり雑音の原因となってしまうものです。対処方法としては、クリーナーで掃除を行い、汚れをきれいに取り去ることが対象方法ですが、扱い方が雑な場合は線が切れてしまう事もありますので、この場合は交換が必要となります。

    保護フィルムがマイクにかかっている

    電話の通話時あるいは、ボイスレコーダーなどの使用時などに雑音が生じる場合は、まず保護フィルムがマイクにかかっていないか確認をしてみましょう。保護フイルムは、iPhoneを使用するにあたって、大切な画面の傷や落とした衝撃を和らげるものですが、このマイク部分に保護フイルムがかかってしまうと、雑音が生じる原因となってしまう事もあるのです。

    iPhoneの雑音が気になるときの対処法

    お気に入りの音楽、映画やアニメなどを鑑賞する際に、生じてしまう雑音はとても気になってしまうものです。ケースによって、そうしたノイズはさまざまな症状からくるものですが、音が途切れてしまったり、気になって集中できないといった方は、いくつかの対処法に応じた応急処置で、改善する事もあります。まずは、トラブルのケースに応じた対処法を試してみるのが、一番の最善策と言えるでしょう。

    イヤフォンを換える

    iPhoneは、アップル社の製品として知られていますが、まずiPhoneを使用する際には、純正品を使用する事をお勧めします。純正品は、メーカーがその品質を保証するもので、互換性のあるものであっても、他社製品では何かとトラブルの多いものです。雑音の原因がイヤフォンであれば、最終的にはイヤフォンを買い替える事を視野において下さい。

    「電話ノイズキャンセリング」をオンにする

    親しい友人や、知人と電話を楽しむのも、iPhoneの利便性の一つですが、会話中にノイズが生じてしまうと、要点もよく聞き取れないという事が考えられます。そこで、iPhoneの便利な機能の一つである、電話ノイズキャンセリングを試してみてはいかがでしょうか。電話ノイズキャンセリングは、オンにする事でノイズをスムーズに改善させる事ができる機能で、本体の設定ボタンからオンにする事ができます。

    イヤフォン部分、マイクを綿棒などで掃除する

    iPhoneを長年使い続けていると、思わぬノイズや途切れた音に悩まされる事があります。こうしたトラブルの、多くの原因となっているものに、長年使用していた為にたまってしまったほこりやちり、あるいは手指からの皮脂汚れなどが考えられます。改善策として、イヤフォンやマイク部分などを、綿棒で掃除するといった方法でケアを行いますが、水を使用すると劣化やトラブルの原因ともなりかねませんので注意が必要です。

    保護フィルムを一度外す

    iPhoneの雑音の原因の一つとして、保護フィルムがマイクにかかっている事が、その原因としてよく見られるケースです。対処法としては、保護フィルムをいったん外してしまい、再度新たに張り直すという処置を取りますが、マイク部分にかからないように注意しましょう。保護フイルムは、iPhoneの画面を保護する為に、なくてはならないものですが、あまり重ねて貼り過ぎてしまうとタッチの感度も悪くなってしまいます。

    対処法でも雑音が入る場合

    iPhoneのトラブルに、雑音や音切れがしてしまうといったトラブルは、長く使い続けていればいつかは出る症状と思っておくべきです。そうした場合の大半は、長年たまってしまった汚れが、その原因となる事が多いものですが、イヤフォンを交換したり、丁寧に掃除しても改善が見られない場合は、別の角度から対処してみる必要があります。様々な対処法を試されても、改善されず雑音が入る場合でも、最善の方法を考えましょう。

    一度電源を落として再起動をする

    一度電源を落として、再起動をするといった方法は、様々なiPhoneのトラブルに有効な手立ての一つです。雑音の問題がイヤフォンなどではなく、本体に問題があるのであれば、一度電源を落として再起動をする事で、雑音が改善される事もあり得ます。強制再起動は、最終的な手段の一つですが、まずはすべてのアプリを終了させ、念の為必要なデータなどを外部メモリーやメモリーチップなどに、セーブしておく事をお勧めします。

    Appleサポートに相談する

    言わずと知れたAppleサポートは、Appleユーザー専門のサポート店で、アップル製品のすべてのトラブルに、24時間対処する専門店でもあります。Appleサポートでは、無料のチャットサポートサービスを行っていますので、電話では覚えにくかったり、分かりにくい言葉もすべて文字での確認ができる所が、大きなメリットと言えるでしょう。保証期間内であれば、無料での修理対応してもらえるのも、Appleサポートの魅力の一つです。

    iPhoneの修理店に持ち込む

    iPhoneを修理に出す方法の一つとして、iPhoneの修理店に持ち込むという方法があります。格安で、修理を行うiPhoneも多いのですが、アップル公式のiPhone修理店もありますので、純正品にこだわるのであれば、こうしたショップに持ち込むとよいでしょう。iPhoneの修理店の良さは、そのスピードにあります。決して、Appleサポートのサービスは悪くはありませんが、修理に時間がかかる事も多いのが難点です。

    まとめ

    iPhoneに雑音が入る理由には、様々な症状が考えられますが、その多くはユーザー自身が対処法を理解する事で、改善される事も多いものです。長年使い続けるiPhoneですが、ある意味何らかのトラブルは避けられないもの。そこで、ユーザー自身が対策方法を理解し、自ら学んでおくことで慌てる慌てることなく対処する事ができるのです。

    iPhone修理店の検索・予約はこちら!

    日付未定

    日付

    指定なし

    エリア

    修理内容

    指定なし

    機種

    指定なし

    もしくは