検索

事業者様向け

iPhoneを落とした!落下で起こる問題・対処法

iPhoneを落とした!落下で起こる問題・対処法
  • iPhone
  • 公開日:2018年12月31日

    ついつい、手荒に扱ってしまいやすいiPhoneですが、あくまでも精密機器の一つであり、繊細な電子回路を積み込むコンピューターである事を忘れてはなりません。特に、iPhoneで起こしやすいトラブルの一つに、つい手元が緩んでしまい落下させてしまうといったものがありますが、その時には大丈夫でもあとあと問題が生じてくる場合も少なくありません。

    目次

    iPhoneを落とした時に考えられるトラブルとは

    iPhoneは、いわばパソコンのシステムを搭載した携帯電話で、ノートパソコンやデスクトップパソコンのように、様々な機能を持ち合わせています。こうしたスマートフォンを、画期的なものになったのも、タッチパネルを方式によって、操作が非常に簡単になったという事が言えるでしょう。

    年々機能性やスペックも大幅に上がり、かなり高性能となったiPhoneですが、新規購入の際にほとんどの方が分割払いで契約を行う為、本来の価格にあまり目が向けられていないようです。こうした高価なiPhoneですので、落下防止策としてカバーや保護シールなどで対処している方も多いものですが、その時に不具合が出なくとも、落下の影響が後で出る場合もあります。

    液晶が割れる

    最新のiPhoneXでは、かなりの高性能という事もあり、その価格が10万円を超えています。もちろん、購入の際には、メーカーによる1年保証が付けられていますが、保証の延長を行っても最大で2年間しか延長する事ができません。iPhoneの落下トラブルで、一番多い故障と言われているのが、ディスプレーの画面が割れてしまうといったものです。

    iPhoneの液晶パネルには、幾重にもパーツが重なっており、一体化のユニットになっています。つまり、たとえ表面だけが破損したとしても、表面だけを交換するといった事ができないわけです。そこで、保護シールやガラス保護フイルムなどで、しっかりと保護しておく必要があるわけです。

    スマホが壊れたそんな時は修理店を検索予約!

    日付未定

    日付

    指定なし

    エリア

    修理内容

    指定なし

    機種

    指定なし

    もしくは

    タッチパネルがスムーズに操作できなくなる

    ついつい手元が狂ってしまい、iPhoneを落としてしまったといった方はかなり多いのではないでしょうか。落下した先が、柔らかな場所であればいいのですが、外出先など地面がコンクリートや石の床の場合、裸でiPhoneを持ち歩いていると、かなりの確率て破損してしまいます。

    iPhone本体は、精密機器という事もあり、落としてすぐには問題がなくとも、後日不具合が生じてしまう事も多いものです。iPhoneの落下トラブルの症状で、起きやすいものが、タッチパネルがスムーズに操作できなくなるというものです。iPhoneの場合、パソコンのようにキーボードやマウスで操作するのではなく、タッチパネルですので、こうしたトラブルはぜひ避けたいものです。

    画面が映らなくなる

    iPhoneの画面が映らなくなるといった症状は、落下時にも起こりやすいトラブルの一つと言えるでしょう。こうした症状は、タッチパネルが操作できなくなるケースと同様に、iPhoneの操作が一切できなくなってしまいます。画面が映らなくなる症状として、考えられる原因はまずiPhoneの液晶パネルの故障による不具合です。こうしたケースでは、液晶パネルの交換によって正常な状態に戻すことが可能です。

    また、落下によって、バッテリー部分に不具合が生じてしまった場合も、画面が映らなくなるといった可能性があります。また、内部的な問題として、電子回路そのものに故障が生じしまった場合は、買い替えなどを検討しなければなりません。

    落下した時の対処法

    iPhoneを落下させてしまった場合の対処法として、いくつかの対策方法を覚えておくと、後で助かったということも考えられます。というのも、iPhoneを落とした時には、何ら問題が生じていない場合でも、後日落下のダメージによって、不具合が生じてしまうといった事もあり得るからです。

    その為、iPhoneを落としてしまった時の対策として、その時に不具合が生じていないケースと、不具合や故障が生じてしまったケースとに分けて、その対処法をまとめておきましょう。どちらにせよ、iPhoneの落下時には、何らかのダメージが生じてしまうケースが多いので、そのまま放置せずにきちんとした対象を行うのが最も大切な事です。

    バックアップを取る

    まず、iPhoneを落下させてしまった場合、電源を入れiPhoneが正常に機能するのかを確認してみましょう。もちろん、落下の激しさの度合いにもよりますが、固い地面に落としてしまった場合、何らかのダメージが生じてしまっている場合があります。その為、その後の不具合が起きてしまうケースを考えて、対処法としてまずはバックアップを取っておきましょう。

    iPhoneのバックアップの取り方には、iTunesを利用したUSBケーブルを使用しての、パソコン経由でのバックアップが一番手軽な方法と言えます。また、iCloudを利用してのバックアップも手軽ですが、Wi-Fi環境になければなりません。ともあれAppleストアなどに修理を出す場合、基本的にデータは初期化されてしまいますので、必ずバックアップを取っておきましょう。

    キャリアショップへ修理依頼を行う

    落下させてしまい、iPhoneの動作不良などに陥ってしまった場合、メーカーの保証期間が残っていれば、AppleストアやAppleと提携している代理店などに持ち込むのが一番です。したがって、iPhone修理を行う際には、あらかじめ保証書の確認を行っておきましょう。

    しかし、こうした保証期間が過ぎてしまった場合、修理費用が高くついてしまうケースも考えられますので、キャリアショップへ修理依頼を行うといった方法も選択肢となります。キャリアショップとは、通信キャリアのブランド販売店で、修理依頼などを行う事ができます。こうしたキャリアショップでは、iPhoneによる個別の保険などもあります。

    修理専門のショップへ依頼を行う

    iPhoneの保証期間が過ぎてしまった、あるいはモバイル保険などに加入していないユーザーの方であれば、修理専門のショップへ依頼を行うといった方法が最善の策でしょう。というのも、修理専門のショップの多くは、格安の価格で修理に対応し、修理時間も短時間で済むというメリットがあるからです。

    また、Appleストアなど正規の代理店では、修理の際には基本的にデータの消去を行いますが、こうした修理専門のショップでは、データを保持したまま修理する事が可能だからです。また、割り引きシステムや、クーポンなどを利用できる場合もありますので、あらかじめネットなどで、修理専門のショップでのサービス内容などを確認しておきましょう。

    落下を未然に防止するおすすめアイテム

    スマートフォンの落下防止対策には、いくつかの方法があります。特に、精密機械の塊であるiPhoneは、衝撃や水などに非常に弱く、落としたその時は特に問題が生じていなくとも、後日トラブルが起こったり、積み重なったダメージによって故障してしまう事も少なくありません。

    そこで、万が一の落下防止策として、落下を未然に防止する為のおすすめアイテムをいくつかご紹介してみましょう。こうした、役立ちアイテムを利用して事で、落下防止対策になるのはもちろんの事、様々なトラブルの予防につながります。特に、最新のiPhone8やiPhoneX以上では、ワイヤレス充電が可能となっていますので、背面もガラス張りになっていますので注意が必要です。

    スマホリング

    iPhoneユーザーの中には、専用のiPhoneカバーに入れておく、または手帳型のiPhoneケースに収納しておくといった方が多くみられます。しかし、せっかくのスマートなiPhoneボディーを生かす為にも、最低限の保護で済ませたいといった方も少なくないのではないでしょうか。

    確かに、iPhoneのデザインとフォルムは、かなりスタイリッシュでそのままの状態で使用したいと思うのは、iPhoneユーザーがならばごもっともの意見といえます。そこで、そうしたユーザーにお薦めなのが、スマホリングの存在です。スマホリングとは、リングストラップの一種で、スマホ本体やスマホケースやカバーの背面に貼りつけて、輪っかに指を入れておくだけで落下防止策となります。

    保護フィルムを貼る

    iPhoneユーザーの多くの方が、汚れ防止や傷防止対策として行うのが保護フイルムの存在でしょう。保護フイルムの種類には、様々なタイプがあり、iPhoneユーザーの皆様の中でも、どれを選んでいるのか迷ってしまうといった方も少なくありません。保護フィルムには、大きく分けて二つの種類があります。一つは、柔らかなPET素材でできている保護フィルムシートで、もう一つはガラスフィルムタイプのシートです。

    保護フィルムシートは、比較的安価で貼りやすいのですが、気泡が入りやすく落下防止対策としてはあまり向いていません。一方で、ガラスフィルムタイプのシートは衝撃に強く、比較的高価ですが気泡も入りにくくなっています。

    衝撃防止のカバーを付ける

    iPhone衝撃防止のケースやカバーとして、衝撃吸収の良いタイプもいくつか販売されています。iPhoneケースのタイプには、柔らかなTPU素材やPC素材といったものから、傷や指紋にも強いカーボン素材といったものがあります。ただし、こうしたiPhoneケースは、機種によって装着できないものもありますので、ご自分のiPhoneにあったタイプを選びましょう。

    衝撃防止のカバーとしては、様々なタイプもあり、デザインも豊富で衝撃吸収には最適のアイテムと言えるでしょう。最近では、完全防水型のケースも販売されており、水の中に落としても問題なく、衝撃にも非常に強いといったタイプのケースです。完全防備を貫くのであれば、こうした完全防水型のケースも視野に入れて検討材料にしましょう。

    まとめ

    日ごろから、落下防止に気をつけていても、つい手元が緩んでしまいiPhoneを落としてしまうという事もよくあります。そこで、万が一の落下防止対策として、iPhone専用の衝撃防止アイテムグッズを、チョイスしておく事をお勧めします。

    iPhone修理店の検索・予約はこちら!

    日付未定

    日付

    指定なし

    エリア

    修理内容

    指定なし

    機種

    指定なし

    もしくは