検索

事業者様向け

iPhoneのタッチパネル修理は自分でできる?修理金額はどのくらい?

iPhoneのタッチパネル修理は自分でできる?修理金額はどのくらい?
  • iPhone
  • 公開日:2018年07月31日

    iPhoneのタッチパネルは、1枚のパネルで構成されているわけではなく、複数のパネルの集合体といった構造を持ち合わせています。タッチパネルの不具合として、カメラの映像や動画などに線が入ったり、ゴーストタッチなどのトラブルもあります。

    目次

    iPhoneタッチパネルが反応しない原因とは

    多くのiPhoneの不具合は、ユーザーによる使用状況にその原因がある事が多く、そのほとんどは修理などに出さなくとも、自分で解決できる事もあります。しかし、物理的な破壊などによる故障は、ユーザー自身が修理することは難しく、勝手にケースなどを開けてしまうと、保証が受けられない場合がありますので、注意しなければなりません。

    保護フィルムが干渉している

    今や、スマートフォンでは常識となったiPhoneのタッチパネルは、近未来へのさきがけの技術として、様々な家電や乗用車のカーナビにも標準装備されるようになってきました。しかし、残念ながらトラブルも多く、保護フイルムの干渉によって、タッチパネルが全く反応しなくなったり、動作が鈍くなったりすることもあります。

    スマホが壊れたそんな時は修理店を検索予約!

    日付未定

    日付

    指定なし

    エリア

    修理内容

    指定なし

    機種

    指定なし

    もしくは

    ソフトウェアの問題

    iPhoneのタッチパネルが、全く反応しない原因の一つに、ソフトウェアの問題というものが考えられます。これは、ソフトウエアが何らかの原因によって、タッチパネルの動作に干渉し、挙動がおかしくなるのが原因とみられています。こうした症状が疑われる場合、ソフトウエアをいったん削除し、不具合の再確認を行います。

    落下の衝撃で破損

    物理的な事故によって、起こるiPhoneのトラブルに、落下の衝撃によって、外部あるいは内部が破損してしまうといった経験をされた方も少なくはないでしょう。いくらコンパクトで軽量とはいっても、胸ポケットやカバンにはさみこんでいると、ふとしたはずみで落としてしまう事も多く、破損すれば修理に出すしかありません。

    水漏れによる破損

    新しいタイプが発表されるたび、iPhoneは次々と進化を遂げ、機能的にも性能的にも随分と高性能になってきました。現在は、防水タイプのiPhoneが主流となっていますが、裏を返せば精密機械の塊であるiPhoneは水に非常に弱く、防水とはいえトラブルを防ぐためにも、お風呂場などの使用は控えた方がいいでしょう。

    iPhoneタッチパネルが反応しない時の自分でできる修理・対処法

    iPhoneは、基本的に本体のケースを開けることができませんので、無理にケースを開けてしまうと、メーカーサービスが受けられなくなってしまう場合もあります。しかし、トラブルの軽度によっては、自分で対処することも可能で、いくつかの方法を試すことによって、不具合が解消される場合もあるのです。

    保護フィルムを剥がしてみる

    保護フィルムは、iPhoneの画面を保護するとともに、誤って落とした場合にもある程度の衝撃に耐えることもできます。しかし、ユーザーによっては、この保護フイルムを2重にも3重にも張り合わせている場合もあり、これがタッチパネルの操作を鈍くさせる原因ともなります。また、ゴミや汚れなどによって誤動作を招きます。

    最新iOSにアップデートする

    iPhoneも、一般のパソコンと同様に、オペレーションシステムによって制御されています。パソコンでは、これをOSと呼び、iPhoneなどアップルモバイルの製品には、iOSが使われているのです。iPhoneを常に正常な状態に保つため、iOSも常に最新の状態に整えておく必要があり、アップデートの確認などもきちんと行っておきましょう。

    iPhoneを強制再起動する

    iPhoneを強制再起動するメリットは、バックグラウンドのプロセスが不具合を起こしている場合や、
    iPhoneの設定ファイルそのものが破損している場合にとても有効な手段です。ただし、強制再起動とは、リセットを意味する方法ですので、通常の再起動などではなく、リセットを行う必要があります。

    iphoneタッチパネル修理金額の目安

    iPhoneの不具合や故障による問題は、修理サービスによるサポートを受けることができます。iPhoneのタッチパネルの修理料金は、アップル社のiPhoneサポートの修理サービスで、一定の金額が決められていますが、ユーザー自身のサポート契約状況によっても、その金額は大きく異なってくるようです。

    AppleCare+に加入

    AppleCare+とは、アップル社のサポートする修理サービスの契約で、AppleCare+に加入することで、様々な修理保証サービスを受けることができます。例えば、製造上の欠陥により、画面にひびが入った場合はもちろんのこと、通常では過失や事故による損傷は補償対象になりませんが、AppleCare+に加入していれば、2回まで保証を受けることができます。

    AppleCare+未加入

    AppleCare+未加入である場合、製造上の欠陥により、画面にひびが入った場合は、サポートを受けることができますが、過失や事故による損傷は、アップル製品限定保証の対象外となっています。具体的には、AppleCare+加入の場合、iPhoneの画面の修理料金は一律3,400円ですが、未加入である場合はその3倍から約9倍の実費がかかることになります。

    各キャリアの補償サービスに加入

    最近では、国内のドコモ・au・ソフトバンク、各キャリアの補償サービスに加入することで、一定の保証サービスを受けることが可能です。保証サービスに加入することは、いざ注意が必要になった場合、無料や低価格での補償が受けられるため、ぜひとも入っておきたいサービスと言えるでしょう。

    まとめ

    iPhoneのタッチパネルは、自分で修理する事はほぼ不可能ですが、設定などの不具合であれば可能といえます。また、iPhoneの画面の修理料金は、AppleCare+加入など保証サービスを受けておくことで、安心感が増すでしょう。

    iPhone修理店の検索・予約はこちら!

    日付未定

    日付

    指定なし

    エリア

    修理内容

    指定なし

    機種

    指定なし

    もしくは