検索

事業者様向け

iPhoneで充電遅い時に試してみると良い対処方法とは?

iPhoneで充電遅い時に試してみると良い対処方法とは?
  • iPhone
  • 公開日:2018年10月31日

    iPhoneを使用する際に、欠かせないものといえば充電ですが、電気を動力源とする機器には欠かす事ができないものです。iPhoneの使用頻度にもよりますが、iPhoneの多くは毎日あるいは二日に一度程度は、充電を行っているのではないでしょうか。しかし、充電時間はまちまちで、充電がMAXになるまで時間が異なるのには、何か理由があるのでしょうか。

    目次

    iPhoneの充電が遅い時の原因

    充電を行っている際に、充電が早かったり遅いと感じる事はないでしょうか。これは、決して偶然などではなく、実は確かな原因があったのです。iPhoneの充電が、遅い時の原因を理解する事によって、おそらく皆さんの充電に対する考え方が変わってくるのではないでしょうか。適切な充電方法と、間違った充電方法では、バッテリーの劣化に影響を及ぼすだけではなく、逆にバッテリーを長持ちさせる方法も理解できるようになります。

    電池残量が80パーセント以上ある

    iPhoneに使われているバッテリーは、リチウムイオン電池と呼ばれるものですが、この電池の特性を知る事によって、充電時間になぜ差が生じてしまうのか理解できるようになります。このリチウムイオン電池ですが、電池残量が80%以上ある場合、充電時間が極端に遅くなってしまいます。これは電池の仕組みによるもので、80%までは高速充電を行い、残り20%ではトリクル充電という方法に変わり、ゆっくりとした充電を行う事で、バッテリーに負担をかけない仕組みがあったのです。

    スマホが壊れたそんな時は修理店を検索予約!

    日付未定

    日付

    指定なし

    エリア

    修理内容

    指定なし

    機種

    指定なし

    もしくは

    アプリが起動したままになっている

    ゲーム業界もiPhoneに注目を寄せて、次々とゲームアプリの開発にいそしんでいます。今や、わざわざゲーム機を購入する事なく、iPhoneで様々なゲームアプリを楽しめるようになってきました。ゲーム中に、充電が少なくなるといった事はよくありますが、アプリが起動したまま充電を行っていると、バッテリーが過熱し熱暴走を起こす危険性さえあります。また、バッテリー本体も、劣化の原因となってしまいますので、アプリを起動したままの充電は決して行わないようにしなければなりません。

    気温が高い場所、低い場所で充電をしている

    iPhoneの、バッテリーに使用されるリチウムイオン電池は、充電に際しての適性温度というものがあります。リチウムイオン電池の特性として、気温が低いほど容量が低下してしまう事がわかっており、逆に高温になってしまうと容量は増えていきますが、劣化が早くなってしまうという現象が起こります。また、バッテリーが熱くなってしまうと、iPhone本体の精密回路が影響を受けてしまい、熱暴走によりiPhone本体の劣化や故障の原因となってしまう事も多いのです。

    水没などで内部基盤が壊れている

    iPhoneの事故で多いのが、不慮の落下と水没と言われています。実際に、iPhone修理店で持ち込まれる故障の原因の多くが、落下や水没が原因で故障してしまったというものです。特に水没事故は、本体の内部まで水が浸透してしまいますので、精密機器であるiPhone本体に大きなダメージを与えてしまいます。特に本体の内部基盤は、精密回路の集大成であるチップが多く組み込まれている為、動作不良の原因ともなってしまいます。iPhoneは、水に非常に弱いという事を再度認識しなければなりません。

    バッテリーが劣化している

    バッテリーの劣化は、ある意味仕方のない現象の一つと言えます。iPhoneに使用されるバッテリーは、耐用回数がほぼ決まっており、一般的な携帯電話に使用されるリチウム電池では、その耐用回数が500回程度といわれています。これは、毎日充電すれば、1年と4カ月ほどで耐用回数に達する事になり、リチウム電池の性能は50%以下になるとされています。また、高温状態で充電を行うと、劣化が早まってしまう事がわかっており、充電の方法も考慮する必要があるでしょう。

    iPhoneの充電が遅い時に試してみると良い方法

    iPhoneの充電を行うにあたって、まずリチウムイオン電池の特性を理解しておく必要があるでしょう。iPhoneのバッテリーに使用されているリチウム電池は、利便性と耐用性の為にうまく設計されています。具体的には、電池の0%から80%までは、高速充電が行われるように設計されており、80%を超えた際には電流を弱め、ゆっくりと充電のできるトリクル充電に切り替わります。こうした、特性をよく理解したうえで、充電が遅い際に試してみる方法を行っていきましょう。

    iPhoneの電源を切って充電する

    iPhoneの電源を切って充電する事は、正しく充電する方法として、正しい方法のように思えますが、実際には完全にiPhoneの電源を切って充電する事はできません。これは、iPhoneの構造上の問題で、仕様上電源を切ったまま充電するという事ができないようになっているからです。実際に、電源を完全に落とした状態で充電してみると、ケーブルを指した時に本体の電気がつく事からもおわかりになることでしょう。ただし、不要なアプリを終了させて充電する事は正しい方法と言えます。

    低電力モードにする

    低電力モードとは、本来バッテリーを長持ちさせる為に使用するモードですが、低電力モードそのものが充電を早くするというものではありません。実際に、低電力モードを使用された方ならお分かりと思いますが、低電力モードは機能を制限するもので、メール取得のオフ・Siriの呼び出し制限・APPバックグラウンド制限・自動ダウンロード・自動ロック・iPhone操作の自動エフェクトの6つが機能制限を受けます。この制限によって、余分な電気の消費が抑えられ、その分充電が速くなります。

    機内モードにする

    機内モードは、航空機に乗る際にマナーとして行うものですが、機内モードにすると電波通信を一切遮断し、消費電力を抑えてくれるというものです。iPhoneユーザーの皆さんは、ご経験の事と思いますが、充電中であってもアプリのお知らせや、メールの音が頻繁に聞こえてくるはずです。この時には、多少なりとも電気が使用されますので、機内モードにする事で、これら電波通信を遮る事ができるのです。ただデメリットとして、メールが来てもわからないということでしょうか。

    ディスプレイの明るさを下げる

    ディスプレイの明るさを下げて充電といった方法は、充電を早める方法として該当しませんが、バッテリーの消費を抑えるという意味では、かなりの効果があります。iPhoneユーザーの多くは、電源コンセントから充電するという方法とっている事と思いますが、充電の減りを気にしているなら、常に充電できる体制をとっておくというのも一つの方法です。例えば、ノートパソコンやモバイルバッテリーから、充電するというのも一つの方法で、ソーラー充電という方法も考えられます。

    ケーブルの差し込み口の汚れをふき取る

    iPhoneで使用する充電ケーブルは、Lightningケーブルと呼ばれるもので、パソコンとつないでiTunesを使用する際にも利用します。このLightningケーブルのコネクタ部分や、コネクタの差し込み口にゴミや汚れなどが付着している場合、十分に充電がなされず、とぎれとぎれに充電が行われる為、結果的に充電が遅いという状況が考えられます。したがって、正常に充電を行っていく為にも、Lightningケーブルのコネクタ部分とコネクタの差し込み口は、常に清潔に保ちましょう。

    充電ケーブル、充電器を換えてみる

    iPhoneで充電するのには、Lightningケーブルと呼ばれる充電ケーブルを使用して充電を行います。長年このケーブルを使用していると、いつの間にか劣化している場合があり、気がつかないうちに断線しかけているケースも考えられます。断線しかけている場合は、とぎれとぎれに充電してしまいますので、結果的に充電が遅くなってしまいます。また、純正品ではない安価な充電ケーブルですが、充電の際には出力が弱い為に充電時間が極端に長くなってしまいます。

    iPhone本体に問題があるときの対処方法

    iPhoneの充電中に、充電時間が長くかかってしまうケースに、充電中にiPhone本体を使用しているという事もよく見かけられます。当然ですが、充電しながらのiPhoneでのゲームやメールなどの使用は、充電が遅くなってしまう原因となります。

    また、パソコンのUSBにつなげる充電方法ですが、パソコンの電源出力が弱い為に充電時間が長くかかってしまいます。そのほかにも、iPhone本体に問題があり、それが原因で充電が遅くなってしまうケースも考えられますので、いくつかの対処方法を身につけておきましょう。

    再起動を行う

    再起動を行うといった方法は、iPhoneの様々なトラブルに対する対処法としてよく知られていますが、充電時間が長く感じる方は、まずiPhoneの再起動を試してみましょう。iPhoneの再起動は、iPhone本体をリフレッシュさせる作用もありますので、以外に充電の不具合が解消される場合もあります。再起動の方法は、iPhoneの機種によっても事なる場合がありますので、ご自分の機種に合わせた再起動の方法をとって下さい。再起動の際には、使用していたアプリなどを終了させておきましょう。

    iOSを最新にアップデートする

    2017年の事ですが、iOS12が正式リリースされ、iPhoneをお持ちの方であれば、このアップデートがまだ記憶に新しいのではないでしょうか。実はこのiOS12ですが、アップデートした際に、iPhoneあるいはiPadのユーザーたちから、急に充電時間がかかりすぎる、あるいは充電の減りが早くなったといった問い合わせが殺到しました。中には充電が全くできないという声もあり、機種によってはiOSのアップデートが弊害になるケースもあります。現在では対処されていますので、最新のiOSに更新すれば問題がないようです。

    初期化をして復元する

    iPhoneのトラブルで、不具合に対して対処方法が見つからない場合に、最終的な手段として初期化をして復元するという方法をとります。初期化すれば、当然すべてのデータは消去され、出荷時の状態に戻ってしまいますので、その後のリカバリーをスムーズに行う為にも、必ずバックアップを取るようにして下さい。バックアップのお勧めの方法として、iTunesやicloudを利用するという方法があります。

    まとめ

    iPhoneで、充電が遅い時に試してみると、良い対処方法はいくつかありますが、iPhoneのユーザーとして、正しい充電の方法を身につけておく必要があります。特に、iPhoneに使用されているリチウムイイオン電池は、耐用回数が限られており、充電しながらiPhoneを使用してしまうと、高温になり電池を劣化させる原因ともなってしまいます。

    iPhone修理店の検索・予約はこちら!

    日付未定

    日付

    指定なし

    エリア

    修理内容

    指定なし

    機種

    指定なし

    もしくは