検索

事業者様向け

iPhoneが操作できない!トラブルの時の対処方法とは?

iPhoneが操作できない!トラブルの時の対処方法とは?
  • iPhone
  • 公開日:2018年10月31日

    電源があるのにかかわらず、iPhoneが操作できないといった状況は、あまり頻発する事はありませんが、精密機械という事もあり、何らかの要因によって、こうしたトラブルが起こってしまう可能性も否定できません。そこで、iPhoneが操作できないケースには、どのようなものがあるのか、そしてその対象方法はどうすればよいのかを学んでいきましょう。

    目次

    iPhoneが操作できない不具合が起こった時の対応法

    現代人では、ビジネスや勉強にと、様々な場面でiPhoneをうまく活用するようになってきました。対応するアプリも多く、無料のアプリもたくさんある為に、使用できる幅もかなり広くなってきたのではないでしょうか。しかし、長く使い続けていると、様々な不具合が生じる場合もあり、iPhoneが操作できないといったケースも、様々な要因によって起こる事が分かってきています。その為にも、慌てないよう対応策を覚えておく必要があるでしょう。

    保護フィルムを剥がしてみる

    iPhoneの保護フイルムは、iPhoneのガラス面を守る為にも大変重要なものですが、この表面を守るあまり、二重に三重にと幾重にも保護フイルムを張ってしまうといった方もよく見かけられます。iPhoneが操作できない不具合には、指でタッチしてもあまり反応しない、あるいは全く反応しないというケースもあります。その原因として、保護フイルムを重ね張りしているせいで、タッチの反応が鈍くなってしまうという事も考えられますので、いったん保護フイルムをはがしてみるというのも一つの方法です。

    スマホが壊れたそんな時は修理店を検索予約!

    日付未定

    日付

    指定なし

    エリア

    修理内容

    指定なし

    機種

    指定なし

    もしくは

    マルチタスクを終了する

    マルチタスクとは、iPhoneのシステムが複数の処理や作業を並行して実行している事で、iPhoneのユーザーが一つのアプリを使用していても、実際にはほかのプログラムも同時進行で動いています。マルチタスクのメリットは、切り替えるだけで中断していたアプリ操作などを利用できる事で、こうしたマルチタスクが原因で、iPhoneが操作できないといったケースもある為、マルチタスクを終了する事で、一連の操作が回復する事があります。

    電源を一度切って再起動する

    マルチタスクを終了した際にも、それまでの不具合を改善する方法として、再起動を行うといった方法があります。電源を一度切って再起動するという工程は、iPhoneの画面が全く動かなくなり、フリーズしてしまった場合でも行う事ができます。ただし、電源ボタンを押し、画面が真っ暗になっても、電源オフの状況ではありませんので、それぞれの機種の再起動方法にならって、正しい再起動を行ってください。

    iPhoneを強制終了する

    iPhoneの強制終了は、リセットと呼ばれている方法で、アプリの不具合で動作不良になった場合や、画面がフリーズしてしまった場合にも対応できます。リセットの方法は、iPhoneの機種によってことなる場合がありますので、機種の種類に合わせたリセット方法で、強制終了を行います。リセットを行うと、それまで行っていたアプリなどのデータが消去されますので、必要なデータはあらかじめ保存しておく事をお勧めします。

    iOSをバージョンアップする

    iOSはいわば、iPhoneの管理者のようなもので、常に新しいiOSをバージョンアップする事で、様々な不具合が改善される場合もあります。新たなiOSが配布される場合には、お知らせ通知が来ますが、iPhoneの使用中や電源が足りない場合に、後でインストールするつもりで、そのまま忘れてしまう場合もよくある事です。そんな時の為に、iPhone本体の設定の項目で、iOSをバージョンアップの確認をする事が可能ですのでご確認ください。

    対応策を試しても不具合が解消されない時

    iPhoneが操作できないといった状況は、所有者にとっても非常に厄介なもので、電源が切れているわけではありませんので、iPhoneを使用できず困り果ててしまうといった状況が考えられます。特に、ビジネスなどにお使いのユーザーであれば、一刻も早くiPhoneが使用できなければ、死活問題にもなりかねないという事も、踏まえておかなければなりません。ユーザー自信が対応できなければ、次のステップに進むのも必然と言えるでしょう。

    Appleサポートに相談する

    まず、Appleサポートは、Appleの運営する公認サイトです。したがって、iPhoneに関する情報や対応策も、こちらで解決する事も多く、実際に多くのiPhoneユーザーが利用しています。サイト上にある解決策にも見当たらない場合は、こちらのサポートサービスとして、電話でのサポート依頼を行う、あるいはメールなどで相談を行うといった方法があります。また非常に便利なものが、チャットで相談するといった方法で、24時間対応しているのもユーザーにとって有り難いといえます。

    正規プロバイダに修理依頼する

    正規プロバイダは、Appleと提携したiPhone修理専門ショップですので、Appleストアと同様のサポートサービスを受けることができます。つまり、メーカーの1年保証あるいは、Apple Careに加入していれば、同等の補償が受けられますので、ユーザーとしても安心と言えるでしょう。ただし、修理には、ある程度の時間が必要となる場合も多いので、すぐにでもiPhoneを使いたい方には、あまり向いていないかもしれません。

    iPhone修理専門ショップに依頼

    まず、iPhone修理専門ショップは、Appleと提携しているわけではありませんので、保証期間が残っていても、保障制度を受ける恩恵は一切無いのです。ただし、仕事は速く、パーツさえショップ内にあれば、即日で修理してくれるのも、iPhone修理専門ショップならではのサービスと言えるでしょう。できれば、修理後の保証も付いているiPhone修理専門ショップを選択するのも、忘れないようにしましょう。

    iPhoneのフリーズを避ける防止方法

    iPhoneを長く使用していれば、いつかは起こる可能性があるのが、フリーズといった動作不良でしょう。iPhoneがフリーズしてしまうと、操作を一切受けつけなくなってしまいますので、利用者としても何とか解決の糸口を見つけたいものです。そこで、iPhoneの使用中に、フリーズが起こらないように、あらかじめフリーズを避ける防止方法を試してみてはいかがでしょうか。どなたにでも簡単にできますので、予防策としては有効な手段です。

    定期的に電源をすべてオフにする

    定期的に、iPhoneの電源をすべてオフにするといった方法は、フリーズの問題だけではなく、あらゆる動作不良の予防策として、かなり有効な手立てと言えるでしょう。これは、ただ単にiPhoneの電源を切るといったものではなく、電源を完全に遮断して再起動を行います。再起動は、iPhone本体のリフレッシュ効果もありますので、週に一度は行った方が有利とされていますので、トラブルを未然に防ぐ為にもぜひお試し下さい。

    普段使っていないアプリは削除する

    これは、iPhoneの癖として、身につけておきたい予防策の一つですが、必要としないアプリケーションであれば、削除してデータ領域を増やしておこうというものです。iPhoneも、コンピューターの一つですので、日々の操作によって、データの量は増えていきますので、少しでもメモリー領域を増やしておく事は、iPhone本体の動作をスムーズにする為にも、大変重要な事なのです。ただし、中には削除不能のアプリも存在しています。

    アプリのマルチタスクはできるだけ避ける

    マルチタスクは、コンピュータをスムーズに利用するには、欠かせないシステムの一つで、iPhoneもパソコンと同様に、動作や作業をスムーズに行う為、常にマルチタスクというシステムが働いています。マルチタスクは、複数のプログラムを常に動かしているもので、例えば途中でやめていたアプリ作業を、切り替え一つでまた再開できるのもこのマルチタスクそのおかげだったのです。しかし、一方で処理が追いつかないといったデメリットもあります。

    まとめ

    使用中のiPhoneが、操作できないといったケースは、メモリー不足が原因で起こりやすいだけではなく、そのほかさまざまな要因が重なり合って、動作不良に発展しまうといったケースも少なくありません。そこで、いざという時に慌てない為にも、トラブルの時の対処方法を身につけておくのは非常に重要な事なのです。

    iPhone修理店の検索・予約はこちら!

    日付未定

    日付

    指定なし

    エリア

    修理内容

    指定なし

    機種

    指定なし

    もしくは