検索

事業者様向け

iPhoneXが動かない時の要因・どう対処すれば良い?

iPhoneXが動かない時の要因・どう対処すれば良い?
  • iPhone X
  • 公開日:2018年12月02日

    2017年にiPhoneXが発売されて、ようやく操作方法に慣れてきたのに、様々なトラブルに悩まされているといった方もいらっしゃるのではないでしょうか。 もはや、iPhoneにはトラブルがつきものだといった考え方を、なされる方も多いようですが、やはりトラブルはなければ越したことのないもの。そこで、もし動かなくなったときの原因や対処方法など、現在わかっている段階でご紹介しておきましょう。

    目次

    iPhoneXが動かない場合に考えられる原因

    何かとトラブルの多かった指紋認証でしたが、iPhoneXからは顔認証に変更されたという事もあり、認証されないなどといったトラブルが少なくなったようです。しかし、まだまだ新機種という事もあり、メーカー側に知られていないトラブルも、いくつか報告されているようです。

    また、操作中に画面が動かなくなったり、操作不能に陥るといった報告もあり、アップル社としてもその対応に苦慮しているように見られます。そこで、iPhoneXが動かない場合に考えられる原因として、現段階である程度分かっている動作不良の要因を、いくつかご紹介しておきます。

    iOSが対応していない

    iPhoneXの動作不良や、画面が固まってしまうといったトラブルには、いくつかのケースが考えられます。それは、こうしたトラブルが生じた場合、まずはiPhoneXの本体を確認してみる事も、大切な要素となってくるからです。何も該当しなければ、次にiOSの問題を疑ってみます。

    iOSは、iPhoneXの動作そのものに、影響を与えるオペレーティングシステムの為、何らかのトラブルが生じてしまい、そのトラブルにiOSが対応していない為、動作不良やフリーズの原因となってしまう事も多いのです。

    スマホが壊れたそんな時は修理店を検索予約!

    日付未定

    日付

    指定なし

    エリア

    修理内容

    指定なし

    機種

    指定なし

    もしくは

    本体の衝撃によって内部が損傷している

    新たなモデルとして、さらに進化したiPhoneXは、防じんや防水に非常に優れ、機密性が非常に高くなっています。しかし、100%完全防水ではない為、万が一水に落としてしまった際も、すぐに対処する必要があります。

    iPhoneXが動かない場合に考えられる要因として、落下によってダメージが積み重なってしまい、内部が損傷してしまったといったケースも十分考えられます。iPhoneXは、機密性に非常に優れていますが、逆に言えばいったん内部に入り込んでしまった水分も、外に出にくく少々の原因となってしまう事もあります。

    バッテリーの問題

    iPhoneXだけではなく、バッテリーのトラブルは、リチウムイオン電池を使用している電子機器に起こりうる現象です。まずは確認事項として、iPhoneXの本体に手を触れてみて、本体やバッテリー部分が熱くなっていないか確認してみましょう。

    特に購入したばかりで、本体が熱くなった状況で、iPhoneXがフリーズしてしまったり、動作不良が起こる場合には、バッテリーの初期不良というものが考えられます。バッテリーのトラブルにも、様々なタイプのものがありますので、こうした状況では自分で解体せずに、購入したショップへと持ち込みましょう。

    iPhoneXが故障?動かない時の対処方法

    現代社会において、社会で働く方たちにとっても、iPhoneが大切なビジネスパートナーである、といった認識を持っている方も少なくありません。特にiPhoneの場合、新たな機種が発表されるたび、その性能は次々と向上していきました。

    iPhoneXの性能は、あえて聞く必要な高スペックで、それだけに動作不良に陥ってしまうと、ユーザーとしてもかなり焦ってしまうのは、致し方のない事でしょう。そこで、iPhoneXが動かなくなったときの対処方法として、現在までに対応可能な対処方法を、いくつか確認しておきましょう。

    アプリをすべて終了させる

    ある日突然に、iPhoneXの動きがおかしい、あるいは動作不良が起こったといった場合は、まずインストール行ったアプリを疑って見る事も大切です。まずは、アプリを起動させたままでは、動作不良の原因になっているのか判断できませんので、すべてのアプリを直ちに終了させて下さい。

    その後いったんリセットし、再起動後に何も問題がなかったら、アプリが何らかの状態異常を起こしている可能性が高いと言えるでしょう。そこで、最近入れたアプリから、一つ一つアンインストールを行い、動作を確認してみましょう。

    ストレージの容量を確認する

    ストレージとは、コンピューターにおいて、記憶領域をつかさどるもので、内部ストレージと外部ストレージがあります。

    スマートフォンの場合は、SDメモリーカードが外部ストレージにあたるものです。スマートフォンの場合は、内部ストレージを使用する事が多く、たくさんのアプリや写真と動画にと、ストレージを消費してしまう機会も多く、普段からこのストレージの容量を確認するのも、大切なメンテナンスの一つです。ストレージの容量が増えてしまうと、iPhoneでは動作が鈍くなり、画面がフリーズしてしまう事も多くなるのです。

    ソフトウェアを最新にする

    iPhoneXの不具合の原因の中には、最新のiOSにアップデートしていなかったといったケースもみられます。iOSアップデートは、基本的にお知らせで確認する事が出来ますが、すぐにアップデートできなかった場合、そのまま放置して忘れているケースもあります。

    また、iPhoneXの使い方として、様々なアプリを利用する事になりますが、これらのアプリケーションも、ほとんどが自動で更新が行われていますが、機能制限する事で自動アップデートが行えないケースもあります。そこで、これらの更新状況を確認して、最新の状態に保っておきましょう。

    音量ボタンとサイドボタンを長押しして再起動する

    iPhoneXは、従来までのiPhoneと大きく様変わりした為、再起動の方法もこれまでの方法とは、全く別な方法で行わなければなりません。一番大きく、iPhoneXが変わったことと言えば、Homeボタンが完全に無くなった事ではないでしょうか。

    Homeボタンが無くなった理由として、指紋認証システムがうまく機能しない事も多く、不評だった事がその理由として挙げられますが、すっきりした画面は、今まで以上に使いやすくなったのではないでしょうか。再起動は、調子がおかしくなった際に行うのが良く、1週間単位など定期的にやっておくとよいでしょう。

    音量大・音量小・サイドボタンで強制再起動する

    再起動と強制再起動の違いは、すべてのタスクを終了させて行うのが再起動で、逆にタスクを実行中に無理やりリセットしてしまうのが、強制再起動といった方法になります。強制再起動は、タスクの実行中に、いきなり行う事になりますので、iPhoneX本体にはかなりの負担がかかってしまいます。

    リセットそのものの効果は、iPhoneXの様々な不具合をリフレッシュさせる効果がありますが、あまり多用できないというのが本音です。しかし、画面のフリーズや、重大な不具合などは、リセットによって解消する事も逆に多いのです。

    電源がなくなるまで放置して再起動する

    iPhoneXに重大な不具合が生じてしまったり、フリーズしてしまい動作不良に陥ってしまった場合、再起動や強制再起動によって復旧する事も多いものです。

    しかし、場合によっては、再起動や強制再起動を受け付けないケースも考えられます。ボタンが、完全に効かない状態ですので、対処方法に困ってしまうケースですが、こんな時は電源が無くなるまで放置する事をお勧めします。というのも、iPhoneは電池が完全に無くなってしまうと、自動的に強制終了が行われるからです。その後、充電器につなぐと、自動的に再起動が完了します。

    水没・落下等を防ぐ

    iPhoneXは、これまでのiPhoneシリーズよりも、さらに機密性が高くなり、限りなく防水防じん効果がアップしました。しかし、あくまでも防水防じんに強いというだけで、完全防水などではないということを認識しておかなければなりません。特に、水没や落下などは、精密機器であるiPhoneXに、致命的なダメージを与えてしまいます。

    そこで、水没や落下を防ぐためにも、iPhoneユーザーとして、その防止策をとっておかなければならないのです。最近発売されたアクセサリーに、完全防水型のケースというものがあります。ケースに収納しておくだけで、落下の衝撃や水没の危険にさらされた場合、完全防水で大切なiPhoneXを守ってくれるものです。

    Appleサポートで交換・修理を依頼

    iPhoneXの不具合やフリーズなど、どうしても自分で対処できないケースなども、場合によっては考えられます。こうした場合、まず最初に行って欲しいのは、同じようなケースが無いかを、Apple公式サイトで確認しておく事です。

    どうしても、解決できない場合は、Appleサポートで交換・修理を依頼する事になりますが、その際にはまず保証書の確認を行っておきましょう。購入して1年以内や、AppleCare+ for iPhoneに加入している場合、初期不良であれば無償での交換ができ、たとえ故障であっても安価な価格での修理が可能だからです。

    Appleサービスプロバイダーに持ち込む

    Appleサービスプロバイダーは、アップル社と提携した専門の修理工房ですので、Appleサポートと同様のサービスを受ける事ができます。つまり、1年保証や、AppleCare+ for iPhoneに加入していれば、全く同じサポートが受けられるという事です。

    したがって、お近くにAppleサポートが無い場合は、Appleサービスプロバイダーに持ち込む事をお勧めします。Appleサービスプロバイダーによっては、即日の対応が可能というケースもありますので、場合によってはAppleサポートよりも早く、修理が済む場合もあります。

    iPhone専門の修理ショップで修理する

    町中などで、よく見かけるiPhone修理店などは、看板などを見ると即日やスピード、安いなどといった文言を見つける事ができますが、実際に対応がかなり早いのがiPhone専門の修理ショップの特徴だといえます。

    特に、1年保証や、AppleCare+の期間が終了してしまい、補償が受けられない場合は、AppleサポートやAppleサービスプロバイダーに持ち込むと、莫大な修理費を請求されたり、新規の買い替えを勧められる事も多いものです。iPhone専門の修理ショップでは、細かな修理の対応もできますので、まずは相談されてみてはいかがでしょう。

    まとめ

    iPhoneXは、まだ新しい機種という事もあり、メーカーが対応できていないトラブルなどもあります。特に、かなり高価なiPhoneXは、簡単に買い替えるといった事があまり出来ません。そこで、補償が受けられない場合は、iPhone修理専門店に持ち込む事になりますが、店選びも慎重に行わなければなりません。

    iPhone修理店の検索・予約はこちら!

    日付未定

    日付

    指定なし

    エリア

    修理内容

    指定なし

    機種

    指定なし

    もしくは