検索

事業者様向け

iPhoneで指紋が認識されない原因&指紋認証故障の方法とは

iPhoneで指紋が認識されない原因&指紋認証故障の方法とは
  • iPhone
  • 公開日:2018年10月31日

    アップル社のiPhoneは、新たな機種を発表するたびに多くの話題を集め、そのほとんどに次世代機能と言える高性能の、ハイスペック機能を搭載してきました。iPhoneの指紋認証システムもその一つで、新しく搭載され始めたのはiPhone5s以降の機種となっています。ただし、不具合も報告されており、ユーザーとしてその対象方法も理解しておく必要があるでしょう。

    目次

    iPhoneの指紋認証ができない&できづらい理由

    iPhone5s以降の機種に、搭載された指紋認証機能ですが、一部のユーザーの間で指紋認証ができなかったり、またできづらかったりするという報告がなされています。指紋認証を受け付けない原因として、様々な理由が挙げられますが、その多くはユーザー自身で対処する事が可能だったのです。

    センサー部分が汚れている

    iPhoneの指紋認証ができない、いくつかの原因のうち、その一番多い要因となっているのが、センサー部分が汚れている事による認識障害です。これは、使用しているうちに、ほこりやちりが手指などの皮脂と混ざり、センサー部分の反応が適切に処置されなくなった事によるものです。

    スマホが壊れたそんな時は修理店を検索予約!

    日付未定

    日付

    指定なし

    エリア

    修理内容

    指定なし

    機種

    指定なし

    もしくは

    指が濡れたり・汚れたりしている

    指紋認証システムは非常に便利な機能で、iPhoneにロックをかけたり、Touch IDとパスコードの設定を行うだけで、Apple Payでの決済も自由に行えるようになります。ただし、指が濡れていたり、汚れたりしていると反応が鈍くなり、スムーズに機能が使えない事もあります。

    乾燥・傷などで指紋が変わった

    iPhone5s以降で、使用できるようになった指紋認証システムは、Touch IDでの登録で初めて使用できるものです。設定方法は、設定でTouch IDのとパスワードを選択し、指紋登録を行う必要があります。指紋認証は、指の乾燥や傷などで指紋が変わった場合にも、読み取れない事がありますので、再登録を行ってみましょう。

    センサーに不具合が起こっている

    iPhoneの、指紋認証システムの認識の不具合で、これまでに上げられた対処法でうまくいいかない場合は、センサーに不具合が起こっている可能性を考えなければなりません。センサー部分は、内部的な問題ですので、まずはアップルのサポートセンターなどに、問い合わせを行います。

    iPhoneに指紋を認証されやすくなる対策方法

    iPhoneによる指紋認証システムは、決済なども簡単にできる事から、非常に便利な機能といえますが、指紋認証機能がうまく働かないといったケースも意外とみられるものです。そこで、iPhoneに指紋を認証されやすくなる対策方法として、いくつかの方法を覚えておくと意外に便利です。

    iPhoneを再起動させる

    iPhoneを再起動させるといった方法は、多くのトラブルに対応する方法で、指紋認証がうまく行えないといったケースでも、再起動させる事によって元通りに使えるようになる場合もあります。再起動の方法は、機種によっても異なってきますので、対応した方法で対処しましょう。

    「機能制限」→「機能制限を解除」を選択してオフにする

    iPhoneの機能の一つである機能制限は、特定の機能を制限するというもので、使用するユーザーに合わせて様々な機能を使い分ける事ができます。指紋認証システムも、わからないうちに機能制限がオンになっている可能性も考えられますので、確認しておく事をお勧めします指紋認証システムには、本人の指紋を登録するだけではなく、複数の指紋をそれぞれに付けられています。そこで、将来この指紋認証システムが読み取れないケースを考えて、同じ指紋を登録するという手段もあります。指紋の読み取りは、位置や角度によっても読み取れない場合もありますので、いざという時の為に複数登録しておきましょう。

    同じ指紋を複数登録する

    指紋認証システムには、本人の指紋を登録するだけではなく、複数の指紋をそれぞれに付けられています。そこで、将来この指紋認証システムが読み取れないケースを考えて、同じ指紋を登録するという手段もあります。指紋の読み取りは、位置や角度によっても読み取れない場合もありますので、いざという時の為に複数登録しておきましょう。

    指紋を再度登録する

    指紋認証システムは、初めてお使いになる場合、設定ボタンでTouch IDのとパスワードを選択し、あらかじめ指紋登録を行う事になります。どうしても、自分の指紋が認識されない場合は、再度この項目で登録を行ってみましょう。

    対策方法を試しても指紋認証ができない時の対処法

    ご自分の指紋が、認識されない理由として、上記以外にも保護フイルムの影響や指先が乾燥していたり、手荒れがひどい場合でも指紋をうまく読み取れない場合があります。こうした様々な対処方法を試しても、どうしても指紋認証ができない場合は、違う角度からトライしてみるのも一つの手です。

    一度電源を落として再起動をする

    指紋認証が、うまく行われない原因として、内部システムの異常により、認識できにくい状態に陥っている場合も考えられます。こうしたケースでは、iPhone本体の電源をいったん落とし、再起動を行ってみてください。

    正規サービスプロバイダへ指紋認証修理を依頼する

    一般的に知られる指紋認証の不具合は、ユーザー側だけで対処できる事も多く、常に本体をきれいにしておくといった心がけだけでも回避できるものです。しかし、どうしてもうまくいかない場合や、本体の問題などはアップルサポートなど、正規のサービスプロバイダへ修理を依頼する必要が出てきます。

    まとめ

    iPhoneの、便利な機能で知られる指紋認証機能ですが、指紋が認識されない原因もいくつか把握されており、ユーザー側で対処する事も可能です。しかし、内部的な問題は対処しきれませんので、正規サービスプロバイダなど、指紋認証の故障の問題は最終的には、修理の依頼を行う事になります。

    iPhone修理店の検索・予約はこちら!

    日付未定

    日付

    指定なし

    エリア

    修理内容

    指定なし

    機種

    指定なし

    もしくは