検索

事業者様向け

スマホの寿命ってどのくらい?寿命のサインとは?

スマホの寿命ってどのくらい?寿命のサインとは?
  • スマホ全般
  • 公開日:2018年12月31日

    スマホは精密機器です。どれだけ丁寧に扱っても劣化は免れません。できる限り寿命を延ばして長く使いたいのが本音です。今回はスマホの寿命についての情報をまとめてみました。

    目次

    寿命が近いかも?と思うスマホのサイン

    画面が暗い

    そろそろ寿命かな?と思える時期が迫ってくると人間も機械も、どこかおかしくなってくるものですが、精密機器のスマホならなおさらでしょう。ちょっとした環境の変化が機械内部にも影響しているはずだし、使い方でも寿命の長さは変わってきます。スマホであれば異変の1つは画面が少しずつ暗くなってきて、文字が見えにくくなってくる現象です。

    おそらく真っ先におきてくる現象ではないでしょうか。原因はバックライトにあります。液晶テレビやパソコンにも活用されている技術なのですが、液晶パネルにLEDが配置されていて、鮮明な画面を映し出しています。従来型だと画面の周辺にLEDを配置して、それそれの照明が自己主張しすぎない程度の、やわらかい光を放つように組み立てられています。最新のものは全面にLEDを配置して、画像の輪郭まで鮮明に見えるように、立体でメリハリのある画面に仕上がっているものが、主流を示すようになりました。

    いずれにせよライトにも寿命がきます。おおよそ1~2年ほどだと言われていますので、ライドだけの問題なら、光源を更新すれば良いだけの話です。しかしながら機械内部に組み込まれているものなので、そこだけを交換するには、大変技術がいります。結果的に機種変更した方が良いといった話になります。このあたりが精密機器の悲しいところです。

    スマホが壊れたそんな時は修理店を検索予約!

    日付未定

    日付

    指定なし

    エリア

    修理内容

    指定なし

    機種

    指定なし

    もしくは

    ボタンが効きづらくなった

    本来携帯は通話ができれば事足りるはずなのですが、さらにSNSとゲーム、ショッピングなどほぼ毎日ボタンを押し続けていれば、自然に劣化してくるはずです。特に劣化を顕著に感じるのはホームボタンではないでしょうか。

    以前と変わらずホームボタンを押しているはずなのに、動作が鈍いし起動も一段と遅くなっているような気がする、電源ボタンも効きにくいし、戻るボタンもすぐに反応してくれないと感じ始めたら、センサーの不具合か、ダウンロードしようとしていたアプリのレベルと、本体機器のレベルがずれている可能性も考えられます。本体の劣化からくるトラブルは様々です。古いOSでは最新アプリも迅速に反応してくれなくなります。アプリは定期的にアップロードしながら使っていくものなので、バージョンアップしながらセキュリティ強化と快適さ便利さも加わっていきます。同時にメモリーも増えていきます。

    アプリの重さにiOSがついてこられない様子がありありと見えてきたら、買い替え時のシグナルを覚えておきましょう。

    充電をしてもすぐ減る

    バッテリーは消耗品なので、新品の時はさくさく作動していたものも、消耗が進めばその分電池の持ちも悪くなってくるのが自然です。おおよそもって3年と言われていますので、充電器持参でないとどこにも行けなくなったとなれば、やはり買い替え時です。目安としては電池切れの時間が以前の倍以上となったら買い替えを考えましょう。皮肉なことに充電するたびに劣化が進むと言われていますので、2年も使ったら上できと考えた方が無難です。

    <中見出し>アプリが対応しなくなった</中見出し>
    ボタンの動作が悪くなっていくのと並行してアプリがなかなか起動してくれない、すぐ画面が静止するようになったとなればこれも買い替え時の合図です。アプリの世界も日進月歩で魅力的なアプリが次々と開発されてきています。流行の速さについていくのが大変と感じることもしばしばです。もっと大変なのはおもしろそうなアプリを見つけて、早々にダウンロードしようとしたら、エラーになることが増えたと感じたら、それも買い替え時の合図です。

    たとえば場に対応していません、時間切れですといった具合です。今使っている機種のバージョンをあげる事でも解決しないかと思いたいのですが、2~3年おきに新機種が公開されると、それ以前のバージョンはまもなく生産終了になってしまう事もあり、スピーディな世の流れについていくのは大変です。対応機種でなかった場合はうまくダウンロードできたとしても、一部不具合を生じたりしてくる事も増えてきます。アプリのために買い替えというのも、どうなのだろうと考えてしまいますが、セキュリティの問題で考えても、新型ウイルスへの対抗性が極めて弱い状態になっている事もありえます。

    やはり買い替えが妥当です。

    修理店で部品がない

    もしも古いまま使っていて故障したら部品がお取り寄せになる事も予想されます。たとえば今はiPhoneXもしくは111程度まで、レベルアップしている時にiPhone5もしくは6程度のものを修理に出しても買った方が安いと言われてしまう可能性があります。歴史的にはほんの10年程度前のものなのですが、すでに骨とう品になりつつあるのです。部品がないと言われたら明らかに買い替え時です。

    <中見出し>ダウンロードの速度が遅い</中見出し>
    アプリをダウンロードしようとしたら、完了するのにあまりに時間がかかりすぎ、結局タイムオーバーでダウンロードに失敗した、あるいは5分以上かかってストレスになった、もしもそのようなケースが頻繁に起きてきたら、早々に機種変更すべきです。アプリの容量が大きいか、OSのレベルがアプリのバージョンに追いついていないのです。なぜアプリがアップデートするかと言いますと、1つはウイルスに対してのわきの甘さをカバーするために、修正を加えるためです。そしてさらに使い勝手の良さを増し加えて快適に使えるようにするためです。

    機能アップすれば容量も必然的に増えて、重たくなってしまうのは仕方ない事なので、OSの容量を拡大したら良いのかもしれません。古いまま容量だけを増やしたら、通信面で不安定になるのは明らかです。さらに寿命が縮む事請け合いです。そんな事でストレスを抱えるよりも、買った方が安いです。

    アプリの起動や動作が重い

    ずっとホームボタンを押しているのに、アプリが起動せず画面が暗いまま、動作が重くて次へ進まず、フフリーズを何度もおこしたら、明らかに買い替え時です。機械内部できちんと作動せずに最新のアプリを受け入れる容量が追い付かずに、混乱がおきている可能性が高くなっています。スマホを仕事にも使っているとしたら、この不具合は致命傷です。迅速な買い替えをおすすめします。おそらく部品交換するにしてもお取り寄せもしくは部品がない状態であると考えられます。

    突然シャットダウンする

    いきなりシャットダウンしたら驚きますが、劣化が進むとこういうことも起きてきます。明らかに本体がオーバーヒートを起こしているのです。このままでは本体が焼き切れてしまう危険を機械自体が察知して、焼ききる前にシャットダウンしたと考えられます。OSやアプリを定期的にアップデートする事は、セキュリティ面で重要です。使い勝手も変わってきます。ただし容量は増えてきますので本体がついてこられていないと、オーバーヒートを引き起こしやすくなります。

    何度も再起動をおこしていては作業もできないので、とても困ります。突然のシャットアウトは早めの買い替えの合図です。

    スマホの平均寿命

    スマホの本体・・・平均4、5年

    そもそもスマホはどのくらいもつものなのでしょうか。一般的にパソコンを含めて家電は3年~5年程度というのが常識ですが、スマホでももっている人は4年以上といったところのようですが、メーカーは3年を見込んで製造している事を先ごろ公開しています。

    ですから2年縛りがそろそろ完了する頃に故障するのは、必須という事になりますがあくまでも目安なので、5年以上もっている人がいてもおかしくありません。2年たらずで壊れる人と、4年も5年ももっている人と、どこがどう違うのでしょうか。長くもたせるこつがあるはずです。

    バッテリー・・1、2年

    バッテリーの寿命は1年から2年程度というのは、少々衝撃的ですが、実は繁茂に充電させるのが寿命を縮めるといった話や、むやみに本体を点滅させるのがストレスを与えるとも言われています。スマホは元々何十時間も使い続ける機器ではありません。使い込めば使い込むほど劣化が進むのは当然の話です。充電切れをおこしてからの充電は、内部機器にストレスを引き起こすのも想像できるはずです。

    パソコンなら通販でもバッテリーを購入できるので、自力交換することも可能ですが、スマホも交換できる機種もあります。パソコンよりは安い価格で交換してくれる修理店もあるので、持ち込んでみるのも手です。

    スマホの寿命を延ばす使い方とは

    高温の場所でなるべく使わない

    高温の場所で使わないと言われて思いつくのは、日中熱い車中に放置しないといった事です。人間でも70℃以上の高温で放置されれば、確実に命取りになります。ましてや精密機器ならなおさらです。繁茂な充電がスマホを劣化させるのは、先述した通りですが高温の場所で、放置することが放電しにくくさせ、劣化を促進させるのです。逆に低温放置もストレスを与えるので、よくありません。

    充電をしながら使わないようにする

    充電をしている時は、相当にスマホが熱を帯びています。発熱をしているところへ、同時進行で通話するのはオーバーヒートを引き起こしやすくなりますので、おすすめしません。通話おろか電池の使用量が多いゲームをするなどと、明らかにスマホにとってはご法度です。充電と放電を交互に行っていることであり、内部機器を痛めます。

    <中見出し>不要なアプリを削除する</中見出し>
    発熱すなわちオーバーヒートを起こしている状態で、放置する事は機器に大きなストレスを与えます。結果的に内部パーツを破損させ電池の劣化を招きます。アプリをシャットアウトしてから、スマホを放熱させる事が寿命を延ばします。

    水濡れを避ける

    防水性と書かれたものもありますが、基本的に水濡れは内部機器に多大な影響を与えます。キッチンやお風呂場での使用は避けるべきです。過度の湿気も水濡れを引き起こす要因になり、寿命を縮めます。水没状態になったらただちに電源を切らないとショートして完全に内部破壊を引き起こします。修理も交換も不能となりますので注意ください。

    衝撃を避ける

    落としたり踏んづけたりなどの強い衝撃を与えないことが重要です。そうは言ってもうっかり落としてしまうのが、人間です。保護フィルムで保護しましょう。もしうっかり表面にひびがはいった時は、すぐに修理してください。日々から水が入って、内部機器にも多大な損傷を与えかねません。

    純正バッテリーを使う

    スマホを長持ちさせるために充電器にも気を遣う事が役に立ちます。一般的に新規購入するともれなくついてくる充電器はコード付きの簡易充電機ですが、最新機種はコードレス充電機能も整備されています。いすれにせよ品質の良い充電器を使う事で、スマホにふりかかってくるストレスが大幅に減るので、バッテリー寿命も延ばすことができます。

    高品質な充電器はスマホに電流を流す時に、正しい方法で電圧をかけてきますので、安定した状態で充電できるなどスマホ本体にも、電池にも優しくできています。このあたりには素人にはわからない最新技術が使われており、説明されてもピンとこない人が多いはずです。充電機器にも安全で安心な充電器の基準が設定されています。手持ちの充電器が正規店から購入したものなら、モバイル充電安全認証であるMCPCロゴがついているはずなので、確認してみてください。

    関連機関が実施した安全性を点検するための試験に合格した証です。100円市でも気軽に購入できる充電器ですが、MCPCロゴがついているものなのかどうかを目安に探してみるのもおすすめです。

    自動アップデートを手動にする

    すべてのOSやアプリは初期段階で自動アップデートに設定されています。これにより常にスマホを最新の状態で維持できますし、セキュリティ上も安全です。アップデートのうっかり忘れを予防できるなど、良いことが満載なのですが、反面自らの寿命をも縮めてもいるのです。自力で忘れずにアップデートできるなら、自動アップデートをオフにしておくことも可能です。

    まとめ

    スマホの寿命を少しでも伸ばす方法を探ってきましたが、スマホには様々な最新技術が使われていることも気づかされて、プラスアルファの勉強にもなったのではないでしょうか。多くの人が誤解や認識不足から、間違った方法でスマホを使っていた事になります。寿命を延ばすには正しい使い方をすることが重要です。

    iPhone修理店の検索・予約はこちら!

    日付未定

    日付

    指定なし

    エリア

    修理内容

    指定なし

    機種

    指定なし

    もしくは