検索

事業者様向け

iPhoneXに多く起こるトラブル・不具合とは?対処方法&予防方法

iPhoneXに多く起こるトラブル・不具合とは?対処方法&予防方法
  • iPhone X
  • 公開日:2018年07月31日

    iPhoneXは、2017年11月に発売された機種で、iPhone史上初となるOLEDを採用し、背面はiPhone8と同様にワイヤレス充電を可能にしたガラスカバーを採用しています。まだ発売されたばかりとあって、現状では少ないと思われた不具合も比較的多く報告されているようです。

    目次

    iPhoneXで発生したトラブル・不具合

    iPhoneXでは、従来あったHomeボタンが廃止され、代わりにスクリーンの下部に、常にホームインジケータと呼ばれるバーが表示されるようになりました。また、従来のiPhoneでも不満の多かったバッテリーの問題ですが、専用のケーブルを使うことによって、急速充電も可能となりました。多くの期待を集めたiPhoneXですが、使用中に現れるトラブルや不具合も、意外に多く見られるようです。

    ゴーストタッチが起こる

    画面は5.8インチワイドスクリーンと、かなり大きなSuper Retina HDディスプレイは、解消度もiPhone史上最高となるきれいな画質を楽しむことができますので、動画や写真などパワーアップした映像を堪能いただけるでしょう。しかし、iPhoneXを使用中の画面で、ゴーストタッチが起こるケースが見られ、最悪暴走してしまい、使用不能に陥るといった状況に陥る場合があります。現状では、iPhoneXを初期化するという対応策がとられているようです。

    スマホが壊れたそんな時は修理店を検索予約!

    日付未定

    日付

    指定なし

    エリア

    修理内容

    指定なし

    機種

    指定なし

    もしくは

    何度もフリーズする

    発売されたばかりのiPhoneXですが、全世界で何度もフリーズするといった現象が頻発しているようです。フリーズする原因は、現在のところ定かではありませんが、アプリのアイコンを移動中にフリーズしたり、起動時に起こることもあり、フォルダの編集を行う際にフリーズするといったケースがみられます。現状では、iPhoneXの本体に原因があるのではないかとされています。

    突然電源が切れる

    iPhoneXの不具合に、突然電源が切れてしまうという症状がありますが、一番よく考えられるのは、端末や電池に負担が掛かっている可能性が高いということです。また、iPhone8と同様にiPhoneXも、防水と防塵機能によって密閉性が非常に高く、熱がこもりやすいため、熱暴走による可能性も否定できません。こうした場合、いったん本体を休ませ、冷却しておくのが最善策と言えるでしょう。

    ディスプレイ画面に焼き付けが起こる

    ディスプレイ画面に焼き付けが起こる原因は、iPhoneXで初めて搭載されたOLEDディスプレイにあるとされています。有機ELを採用したSuper Retinaディスプレイは、焼き付け現象に対して強いとされていますが、完全に避けることはできません。したがって、ディスプレー調整によって、明るさを自動調整にしたり、児童6時間を短縮したりと、ユーザー側で対処することによって、焼き付けを軽減することができます。

    iPhoneXに問題が起こった時にすべき対処方法

    2017年11月に発売されたばかりのiPhoneXですが、改善されるべき問題点も、比較的多く指摘されています。現状では、アップル社も不具合を知りながら、対応策にまで行きつかないといったケースもありますので、現在確立されている対処方法を模索し、うまく使い分けていく事が最善の方法と言えるでしょう。では、iPhoneXに問題が起こった時に、すべき対処方法にはどのようなものがあるのでしょう。

    強制再起動を行う

    さらに性能や機能が向上したiPhoneXは、まさに精密機械の塊で、すべての不具合を解決するには至っていないのが現状と言えるでしょう。多くのiPhoneで、不具合に対して最終手段で用いる方法に、強制再起動というものがありますが、いわゆるリセットと呼ばれるものです。リセットは、さまざまな不具合に対処できるため、原因が全く分からない場合にも、有効な手段としてもちいられています。

    iOSのバージョンを最新にアップデートする

    コンピューターの心臓部といえばCPUですが、これはハードウエアを動作させるための、最重要の箇所として知られています。CPUは、いわば縁の下の力的存在ですが、逆に表側で重要な働きをしているのが、iOSと呼ばれるシステムです。iOSは、指揮者のようなもので、様々なアプリやソフトを動かす監視役ですので、快適な環境を保つためにもiPhoneXのiOSバージョンは、常に最新の状態にアップデートしておかなければならないわけです。

    アプリを再度インストールする

    アップル製品であるiPhoneは、App Storeまたはitunesなどで、様々なアプリケーションを入手することができます。こうしたアプリは、全世界のコンピューター業界が参入し、アプリの開発を行っているため、数えきれないほどのアプリが提供されています。しかし、iPhoneの機種によっては、相性が悪かったりと不具合が生じる場合がありますので、そうした場合はアプリを再度インストールすることで改善される場合もあります。

    アップルサポートに問い合わせる

    iPhoneXの不具合やトラブルの中には、様々な対応策によって、ユーザー自身が未然に解決できる場合もありますが、中には初期不良も含め修理を行わなければならない場合もあります。ユーザーの行うことのできる最終的な解決策として、初期設定に戻してしまうというものがありますが、せっかくの設定を元に戻すのも忍びないものです。こうした場合、不具合の状況を、アップルサポートに問い合わせるのも忘れてはなりません。

    iPhoneXディスプレイのトラブル防止する対策

    新たに発売されたiPhoneXは、画面も大きく画像解消度も、これまでのiPhoneに比べ最高の画質を実現しました。もちろん、Pvや映画をきれいな画像で楽しめるほか、インスタなどにも活用でき、様々な場面できれいな画像を堪能できるようになりました。しかしその反面、Super Retinaディスプレイに、焼き付け現象が起こる可能性もあるため、ユーザー自身がトラブルを防止する対策を行っておく必要があるでしょう。

    同じ画面を長い時間表示させない

    実は、画面に焼き付け現象が起こるのは、カメラの構造と同様に、静止画が焼き付きの原因を起こしているのです。これは、同じようにディスプレーを使用するパソコンやテレビにも、同様の現象が起こり得るもので、同じ画面を長時間表示させることで、画面に焼き付きが起こってしまうわけです。短時間で起こることはありませんが、同じ画面を長い時間表示させないという工夫が、焼き付け防止の対策となります。

    衝撃に強い画面保護フィルムを貼る

    iPhone最高峰の画質は、新たに採用されたOLEDディスプレイとともに、iPhoneXの質の高さを物語っています。iPhoneXでの快適な映像を楽しむためにも、iPhoneXユーザーとして、媒体の持ち歩きには常に気をつけておきたいものです。特に画面を傷付けてしまうと、この美しい画像を楽しめない事になりますので、万が一の衝撃に備えて、衝撃に強い画面保護フィルムを貼ることをお勧めします。

    ハードタイプのケースを使う

    iPhoneXは、画面も大きく、裏面にはiPhone8と同様にガラスを使用していますので、落下を含めて強い衝撃には弱いといえます。ガラスを使用しているのは、無線でのワイヤレス充電を可能にする為で、ユーザーの要望の高かったバッテリー問題に対して、メーカーとして応えたものでしょう。しかし、強化ガラスとはいえ、落下の衝撃で破損する事があり、安全を期するためにもハードタイプのケースを使うことをお勧めします。

    補償サービスに加入をしておく

    万が一の事故や不具合、あるいはトラブルなどに、合ってしまっても対応できるよう、補償サービスに加入をしておくのも、ユーザーの心得といえます。アップル製品であるiPhoneには、新規購入時に無料で 1年間の補償サービスが付いていますが、AppleCare+に加入しておくことでさらに保証期間を延ばすことができます。また、他社の補償サービスも利用できますので、万が一のため補償サービスに加入をしておきましょう。

    まとめ

    iPhoneXに多く起こるトラブルや不具合には、iPhoneXならではの画像の焼き付き現象などがあります。しかし、対処方法と予防方法を理解しておくことで、未然にこうしたトラブルを防ぐことが可能なのです。

    iPhone修理店の検索・予約はこちら!

    日付未定

    日付

    指定なし

    エリア

    修理内容

    指定なし

    機種

    指定なし

    もしくは